転職エージェントが合わない人と感じた人向けの2つの対処法と注意すべき6つのパターン


転職エージェントを使っていて担当の人と「相性」が合わないと思って悩むことがあると思います。

それが大手の転職エージェントだった場合

「ここを使わないといい求人が紹介してもらえないかもしれないから我慢しないと…」

といった心理状態で使い続ける人がいると思いますが、それは間違いです。

転職エージェント自体は法人で行っているサービスですが、実際にサービスを提供するのは「現場の人」なので“人としての相性”が発生するのは当たり前で、それを使い続けても転職活動に支障が出るだけでメリットがありません。

ただ単純に相性の問題なのか、そもそも自分の感じ方の違いなのかで話が変わってくるため、まずは注意すべき転職エージェントのパターンをご紹介します。

スポンサーリンク

目次

合わないと感じる注意すべき転職エージェントの6つのパターン

■注意するべき6つのパターン

・パターン① あなたの話を聞かずに無理やり転職を勧めてくる

・パターン② あなたが希望する業界などの知識があまりない
・パターン③ 希望の求人ではない求人ばかりを勧めてくる
・パターン④ 仕事をしている時間でも電話をかけてくる。
・パターン⑤ 高圧的な態度などそもそも対応に問題がある
・パターン⑥ 選考時にウソを言わせようとする。

パターン① あなたの話を聞かずに無理やり転職を勧めてくる

このケースは結構多いかもしれません。

そもそも大前提に転職エージェント側にが「月間ノルマ」があり、そのノルマは内定数などになっているので早い話「転職させた回数」が目標となっております。

そのため人によってはノルマ達成のために、あなたの話をほとんど聞かずにすぐ転職するように勧めてくる人がいます。

現職を一刻も早く離れたい人は気にならないかもしれませんが、転職エージェントを使うメリットの一つに「キャリアプラン」について相談に乗ってもらえるということがあり、その恩恵はまずい受けることができない担当者である可能性が高いです。

パターン② あなたが希望する業界などの知識があまりない

このケースは転職エージェントの担当者に悪意があるわけではないですが、転職者からすると非常に不安になると思います。

業界の人であれば当たり前に知っているような、業界知識内情などを把握していないため、あなたの仕事の悩み今後やりたいことを説明してもあまりかみ合わないので、転職先の企業に対してあなたのことを説明する際、高い確率で認識相違が生まれるようなコミュニケーションになっている可能性が高いです。

このケースだと「本当に行くべき企業」とあなたをマッチングさせることはまず無理なので希望の求人を出してもらえなくなります。

パターン③ 希望の求人ではない求人ばかりを勧めてくる

パターン①と似ているパターンでかつ最も多いパターンです。

前述の通り、転職エージェント側に課せられている「ノルマ」が影響しており、希望の求人ではなく「受かりやすい求人」を提示してくるパターンです。

この場合が最も厄介で、転職をすることがゴールになってしまい、その後に関してすべて置いてきぼりになってしまいますので、そもそも何のために転職活動をしているかわからなくなってしまいます。

このケースに出会ったときはすぐに注意してください。

パターン④ 仕事をしている時間でも電話をかけてくる。

たまにこういった非常識な転職エージェントの方がいるようで、私の周りにも困っている人がいました。

もちろんすべての人が在職中に転職活動をしているわけではないですが、多くの人は仕事をしながら転職活動をしていると思います。

在職している企業からすると転職活動をしていると思った社員をよく思うわけがなく、引き止め活動が入ったり、陰湿な場合は嫌な妨害をしてくることがありますので、転職活動を悟られるのは最も避けるべき行為です。
※さすがに嫌がらせをするところはごくごく一部だと思いますが。。。

そのような背景は転職エージェント側が知らないわけがないので、このような行動をとる人はあまり信頼がおけないため、大切な転職活動の一端をお任せできるか注意したほうがいいです。

パターン⑤ 高圧的な態度などそもそも対応に問題がある

パターン④より少ないと思いますが「高圧的な態度」、要は“上から目線”でコミュニケーションを取ってくる人ですね。

これは30代以上の転職エージェントの人に多いかもしれませんが「自分のほうが経験が豊富で話していることは絶対である」といった認識を持ってしまって、そのような話し方をしてくることがあります。

もちろん経験豊富な人の意見は参考になることもありますし、痛いところを突かれて不機嫌な気持ちになってしまうことがあるので、転職エージェント側にのみ問題があるわけではないですが、こればっかりは人それぞれ感覚が違いますので、あなたの主観で判断してしまって問題ないと思います。

パターン⑥ 選考時にウソを言わせようとする。

これも稀にいるのですが、選考を通りやすいように「ウソ」を言わせようとする転職エージェントがいます。

もちろん、あなたも選考を通過したいのでその甘い言葉に乗ってしまいそうになるかもしれませんが、面接でウソは絶対に行ってはいけません。

あとあとに絶対ばれるため、マイナス要素でしかありません。

もちろん、経歴をうまく伝える上で言葉のニュアンスレベルであれば、問題ないです。


いかがだったでしょうか。

人の感じ方はそれぞれですが、上記のいずれかのパターンに当てはまる転職エージェントは注意すべきです。

では注意すべき転職エージェントに出会った場合どうすればいいでしょうか。

次は合わない転職エージェントに出会った場合の2つの対処法をご説明します。

合わない転職エージェントに出会った時の対処法

対処法(1)問題の転職エージェントに連絡して担当変更する。

一番いいのは問題の転職エージェントに連絡をして「担当変更」を希望しましょう。

方法は簡単で各社「お問い合わせフォーム」があるので、そちらから変更を願い出ればすぐに対応してくれますし、その転職エージェントを活用するうえで基本的には不利益は出ないとのことなので、合わない担当者/注意すべき担当者の場合はすぐに行動しましょう。

今のご時世「転職希望者」は各社取り合いなので、転職エージェント側も貴重な転職希望者をむざむざ逃すわけにはいかないので、しっかりと対応してくれるのでご安心ください

対処法(2)他の転職エージェントを活用する。

実際はこの方法が手っ取り早いです。

「対処法(1)」で担当を変更してもらうことが手っ取り早いですが、通常のオペレーションではないため、担当変更までに少しタイムラグが発生する可能性があります。

そうなると貴重な転職活動が何も進まない期間ができてしまうため、手っ取り早く解消するのは他の転職エージェントを活用してしまうことです。

この際、現在使っている転職エージェントの活用状況/選考状況などをお伝えすれば、しっかりと対応をしてくれるので、また一から始める必要がなく、比較的スムーズに転職活動を再開することができます。

いかがでしょうか。

どちらも誰にでも実践できる対処法なので、いずれかの対処法を実践して早く転職活動を再開しましょう!

また対処法(2)であげた他の転職エージェントですが、私のおすすめは以下の転職エージェントなので、もし登録をしていなければぜひ活用してみてください。

活用すべきおすすめの転職エージェント

・大手企業の求人が豊富「リクルートエージェント」

■転職おすすめ度 ★★★★★

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:26拠点(海外11か国) ※日本含む
②社員数  :3,508人
③資本金  :6億4335万円
■こんな人にオススメ
・大手企業に転職を希望している。
・非公開求人などを特に探している。
・まだリクルートエージェントに登録をしていない。

営業人員がナンバーワンに伴った膨大な求人数

国内拠点数がダントツ1位で全国16拠点。2位のインテリジェンスが10社なのでダントツで多く、この拠点数からも求人の網羅力が高いことがわかると思います。製造業含めて意外に首都圏以外に本社を構えている企業も多く、そういった企業から求人をたくさんもらうためには、近くに営業所があるのは非常に強みとなり、リクルートエージェントが求人数の多い理由です。
あとは3,500人を超える国内最大級の組織力をもとにした絶大な営業力からも求人数の多さがわかると思います。

そういった背景があるため、結果的に他の転職エージェントが持っていないリクルート独自の求人などを保有するという状況になっています。

ブランド力を生かして「大企業」の求人に強み

おすすめな理由として、業界1位という肩書を持っていることで、古くからある大企業の年齢が高い人には非常に刺さる肩書になっています。
やはり業界トップ企業という安心感などもあり、求人を出す場合はリクルートにまず求人の相談をする、などが起きるため「大手企業」の求人が非常に強い転職エージェントになっているためです。

全世代/あらゆる職種への対応力の高さ

なによりも登録してくる求職者の数が非常に多いため、あらゆる職種への対応力が求められてきました。前述した営業力をもとに求人部分のカバーをすることで対応しつつ、その求人をもとにあらゆる転職者の転職サポートをしてきたことで「膨大な成功事例」を持っています。

そのような今までの成功事例の多さからもおすすめな転職エージェントになっています。

↓↓↓

※リクルートエージェントをもっと知りたい (参考記事)

総合力No1リクルートエージェントを活用すべき5つの理由と利用者の評判と口コミ
転職を考える人の中でリクルートエージェントを知らない人はいないと思います。 それもそのはずで国内の中途などの人材紹...

・外資系企業への転職に強み「JACリクルートメント」

■転職おすすめ度 ★★★★★

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:19拠点(海外10か国)
②社員数  :665人
③資本金  :6億1,950万円
■こんな人におすすめ
・外資系企業に転職を希望している。
・今の年収が500万を超えている。
・30代以上で転職を考えている。

「ミドル層」向けの求人が豊富

JACリクルートメントでは500万以上のミドル層以上の求人が非常に豊富です。

マネージメント層の求人はもちろん、グローバルで活躍されるためのインターナショナルなスペシャリストと呼ばれるような求人、さらには役員・経営層となるようなエグゼクティブと呼ばれるような求人などが、他の転職エージェントと比較しても非常に豊富です。

「外資/海外」向けの求人が豊富

JACリクルートメントでは海外10か国に支店がある関係から、日系企業の海外展開に伴った求人や、外資系企業の求人に非常に強みを持っています。ここは他の転職エージェントとかなり差別化が図られており、この海外/外資系求人の事業費率は50%以上とかなり高い割合を占めていることからも、その強みがわかるかと思います。

転職をする人の中に「次は外資系にステップアップ」「海外展開をするようなグローバル企業に転職」など、ステップアップを考える人が非常に多いと思いますので、その点からもおすすめです。

↓↓↓


・求人が国内最大級「DODA」

■転職おすすめ度 ★★★★★

■定量的なざっくり特徴
①求人数 :120,000件以上 (非公開80,000件)
②社員数 :5,166名 ※有期社員含め
③資本金 :11億2,700万円
■こんな人にオススメ
・国内最大級の求人数を誇るため求人をとにかく見たい人
・転職サイトと転職エージェント両方一度に活用したい人

DODAは他転職エージェントとは違って「転職サイト」としてのサービスも一緒になっています。

転職サイトとは転職エージェントのように専属のキャリアアドバイザーのような担当がつかない代わりに、自ら気になる企業の求人を検索閲覧することができ、直接応募までできるサービスです。自ら動く必要があるので少々手間と感じるかもしれませんが、本気で転職したい人からすると求人をたくさん見ることができるため、転職サイトを併用して使っている場合が多いです。

DODAではそういった転職サイトにも同時に使えるため、非公開求人と合わせると一度に見れる求人数は国内最大級の規模になると思います。

↓↓↓

※DODAをもっと知りたい (参考記事)

転職エージェントサービス「DODA」を絶対使うべき4つ理由と利用者の評判と口コミ3選
転職をするときにほとんどの人が使うのが転職エージェントです。 ただその転職エージェントというのは最大手のリクルートから~中小企業の...

・世界第2位の転職エージェント「ランスタッド」

■転職おすすめ度 ★★★★☆

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:世界39か国
②社員数  :36,524人
③資本金  :2,817.8
億円
■こんな人にオススメ
・外資の転職エージェントで転職を考えている人
・雇用体系を派遣を含めた様々なパターンを考えている人

世界第2位のグローバルで活躍する外資系転職エージェント


※ランスタッド公式サイト 抜粋

ランスタッドは日本ではそこまで有名ではないですが、オランダで創業したグローバルで展開している人材サービス会社で、全世界の売上では「アデコ」に次ぐ第2位という規模で展開をしている超大手企業です。

展開している国数は39か国となっており、全世界で29,000人を超える従業員数となっており、様々な国の求人を持っており、そのため転職者からすると「グローバル求人」の紹介を受けることができます。

またランスタッドの特徴はグローバルで展開をしている求人の幅以外に「第二新卒~エグゼクティブ」までの幅広い転職者に対応できるため、すべての世代の人に対して満足いくサービスを展開することができます。

↓↓↓


20代から絶大な支持「マイナビエージェント」

■転職おすすめ度 ★★★☆☆

■定量的なざっくり特徴
①求人数 :23,039件(非公開17,878件)
②社員数 :約5,900名  ※グループ連結
③資本金 :21億210万円
■こんな人にオススメ
・20代/第二新卒世代で転職を考えている。
・関東エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉)で転職活動をしている。
・マイナビ(新卒)を使ってマイナビになじみがある人。

新卒の就活では「マイナビ」にお世話になった人も多いと思いますが、中途採用の転職エージェントも力を入れています。

マイナビエージェントは20代の登録者が非常に多く全体の50%近い

20代でおすすめな理由は、転職エージェント大手の「リクルートエージェント」「DODA」などの大手に隠れてしまいがちですが、CMなどでよく見る「マイナビ転職」と同じく20代など若手の利用率が非常に高く、その結果利用者の比率で20代を占める割合が多いため、20代の登録者向けの求人を揃えるために「20代」の求人を非常に多くもっているのでおすすめです。

拠点は首都圏に多いので特に東京・神奈川・埼玉・千葉の求人が多く、このエリアで転職を考えている人には特におすすめです。

↓↓↓

マイナビエージェントの公式サイトはこちら(無料)


・親身にキャリア相談「パソナキャリア」

■転職おすすめ度 ★★★☆☆

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:13拠点数 (海外13か国) ※グループ連結
②社員数  :8,550名 ※グループ連結
③資本金  :50億円 ※グループ連結
■こんな人にオススメ
・主要転職エージェントには登録済み
・30代の転職失敗したくない。

・疑問がたくさんあっていろいろ相談したい。

国内大手人材派遣「パソナ」の関連である「パソナキャリア」は規模こそリクルートやJACリクルートメントには劣るもののエージェントサービスの評判が非常にいいです。

下記はリクナビNEXTに登録されている様々な転職エージェントの満足度ランキングですが、パソナキャリアは総合満足度2位です。

※リクナビNEXT 抜粋

パソナキャリアの転職エージェントサービスのどこが評判がいいというと、キャリアアドバイザーが非常に親身になって相談に乗ってくれるところです。

転職は失敗したくないので、安易にできず慎重になると思います。だからこそ親身になってくれるアドバイザーがいるというのは、非常にご自身の安心感にもつながります。

もちろんリクルートなどには劣るものの公開求人は「30,000件」非公開求人数は「20,000件」を超えておりますので、そのあたりも問題なく、実際に登録している年齢分布は

・20歳-25歳:15.0%
・26歳-30歳:31.6%
・31歳-35歳:25.2%
・36歳-40歳:13.2%
・40歳以上  :15.0%

上記の通り、25歳ー35歳ゾーンが最も多く20代~30代までの幅広い年代を網羅しています。

↓↓↓


オススメ記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする