転職エージェントが「合わない」と感じた人向けの2つの対処法と注意すべき6つのパターン

Pocket

転職エージェントを使っていて担当の人と「相性」が合わないと思って悩むことがあると思います。

それが大手の転職エージェントだった場合

「ここを使わないといい求人が紹介してもらえないかもしれないから我慢しないと…」

といった心理状態で使い続ける人がいると思いますが、それは間違いです。

転職エージェント自体は法人で行っているサービスですが、実際にサービスを提供するのは「現場の人」なので“人としての相性”が発生するのは当たり前で、それを使い続けても転職活動に支障が出るだけでメリットがありません。

ただ単純に相性の問題なのか、そもそも自分の感じ方の違いなのかで話が変わってくるため、まずは注意すべき転職エージェントのパターンをご紹介します。

※参考 転職エージェントを活用するときの参考記事

【保存版】転職エージェントを活用する前に絶対に見るべき「5つ」のポイント
転職者のほとんどが使っている転職エージェントですが、実はよく分からないという人が多いと思います。 そこで今日は転職エージェ...
スポンサーリンク

合わない!注意すべき転職エージェントの6つのパターン

パターン① あなたの話を聞かずに無理やり転職を勧めてくる

このケースは結構多いかもしれません。

そもそも大前提に転職エージェント側にが「月間ノルマ」があり、そのノルマは内定数などになっているので早い話「転職させた回数」が目標となっております。

そのため人によってはノルマ達成のために、あなたの話をほとんど聞かずにすぐ転職するように勧めてくる人がいます。

現職を一刻も早く離れたい人は気にならないかもしれませんが、転職エージェントを使うメリットの一つに「キャリアプラン」について相談に乗ってもらえるということがあり、その恩恵はまず受けることができない担当者である可能性が高いです。

パターン② あなたが希望する業界などの知識があまりない

このケースは転職エージェントの担当者に悪意があるわけではないですが、転職者からすると非常に不安になると思います。

業界の人であれば当たり前に知っているような、業界知識や内情などを把握していないため、あなたの仕事の悩みや今後やりたいことを説明してもあまりかみ合わないので、転職先の企業に対してあなたのことを説明する際、高い確率で認識相違が生まれるようなコミュニケーションになっている可能性が高いです。

このケースだと「本当に行くべき企業」とあなたをマッチングさせることはまず無理なので希望の求人を出してもらえなくなります。

パターン③ 希望の求人ではない求人ばかりを勧めてくる

パターン①と似ているパターンでかつ最も多いパターンです。

前述の通り、転職エージェント側に課せられている「ノルマ」が影響しており、希望の求人ではなく「受かりやすい求人」を提示してくるパターンです。

この場合が最も厄介で、転職をすることがゴールになってしまい、その後に関してすべて置いてきぼりになってしまいますので、そもそも何のために転職活動をしているかわからなくなってしまいます。

このケースに出会ったときはすぐに注意してください。

パターン④ 仕事をしている時間でも電話をかけてくる。

たまにこういった非常識な転職エージェントの方がいるようで、私の周りにも困っている人がいました。

もちろんすべての人が在職中に転職活動をしているわけではないですが、多くの人は仕事をしながら転職活動をしていると思います。

在職している企業からすると転職活動をしていると思った社員をよく思うわけがなく、引き止め活動が入ったり、陰湿な場合は嫌な妨害をしてくることがありますので、転職活動を悟られるのは最も避けるべき行為です。
※さすがに嫌がらせをするところはごくごく一部だと思いますが。。。

そのような背景は転職エージェント側が知らないわけがないので、このような行動をとる人はあまり信頼がおけないため、大切な転職活動の一端をお任せできるか注意したほうがいいです。

パターン⑤ 高圧的な態度などそもそも対応に問題がある

パターン④より少ないと思いますが「高圧的な態度」、要は“上から目線”でコミュニケーションを取ってくる人ですね。

これは30代以上の転職エージェントの人に多いかもしれませんが「自分のほうが経験が豊富で話していることは絶対である」といった認識を持ってしまって、そのような話し方をしてくることがあります。

もちろん経験豊富な人の意見は参考になることもありますし、痛いところを突かれて不機嫌な気持ちになってしまうことがあるので、転職エージェント側にのみ問題があるわけではないですが、こればっかりは人それぞれ感覚が違いますので、あなたの主観で判断してしまって問題ないと思います。

パターン⑥ 選考時にウソを言わせようとする。

これも稀にいるのですが、選考を通りやすいように「ウソ」を言わせようとする転職エージェントがいます。

もちろん、あなたも選考を通過したいのでその甘い言葉に乗ってしまいそうになるかもしれませんが、面接でウソは絶対に行ってはいけません。

あとあとに絶対ばれるため、マイナス要素でしかありません。

もちろん、経歴をうまく伝える上で言葉のニュアンスレベルであれば、問題ないです。


いかがだったでしょうか。

人の感じ方はそれぞれですが、上記のいずれかのパターンに当てはまる転職エージェントは注意すべきです。

では注意すべき転職エージェントに出会った場合どうすればいいでしょうか。

次は合わない転職エージェントに出会った場合の2つの対処法をご説明します。

合わない転職エージェントに出会った時の対処法

対処法(1)問題の転職エージェントに連絡して担当変更する。

一番いいのは問題の転職エージェントに連絡をして「担当変更」を希望しましょう。

方法は簡単で各社「お問い合わせフォーム」があるので、そちらから変更を願い出ればすぐに対応してくれますし、その転職エージェントを活用するうえで基本的には不利益は出ないとのことなので、合わない担当者/注意すべき担当者の場合はすぐに行動しましょう。

今のご時世「転職希望者」は各社取り合いなので、転職エージェント側も貴重な転職希望者をむざむざ逃すわけにはいかないので、しっかりと対応してくれるのでご安心ください。

対処法(2)他の転職エージェントを活用する。

実際はこの方法が手っ取り早いです。

「対処法(1)」で担当を変更してもらうことが手っ取り早いですが、通常のオペレーションではないため、担当変更までに少しタイムラグが発生する可能性があります。

そうなると貴重な転職活動が何も進まない期間ができてしまうため、手っ取り早く解消するのは他の転職エージェントを活用してしまうことです。

この際、現在使っている転職エージェントの活用状況/選考状況などをお伝えすれば、しっかりと対応をしてくれるので、また一から始める必要がなく、比較的スムーズに転職活動を再開することができます。

※参考 転職エージェントを活用するときの参考記事

【保存版】転職エージェントを活用する前に絶対に見るべき「5つ」のポイント
転職者のほとんどが使っている転職エージェントですが、実はよく分からないという人が多いと思います。 そこで今日は転職エージェ...

いかがでしょうか。

どちらも誰にでも実践できる対処法なので、いずれかの対処法を実践して早く転職活動を再開しましょう!

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする