第二新卒世代の「23歳~26歳」が転職でオススメの転職エージェント厳選3選


23歳~26歳は入社して2年~3年たって、そろそろ仕事にも慣れてくる頃だと思います。

この時期は仕事に慣れるのと同時に今の会社へ違和感を持つ人も出てきていると思います。

違和感は人それぞれで

・周りの人と自分の実力差がないように思えてやり甲斐がなくなる
・上司や社員の人とどうしても合わなくて人間関係的に違和感を持つ。
・そもそもやっている仕事がつまらなく見えてしまう。

などいろいろなパターンがあるでしょう。

※手っ取り早くおすすめを知りたい人は下記ランキングよりどうぞ!
第二新卒におすすめ転職エージェント
厳選3選(ランキング)
第二新卒の転職おすすめ度
★★★★★
非公開求人数
8,550件
第二新卒の転職おすすめ度
★★★★☆

非公開求人数
139,577件
第二新卒の転職おすすめ度
★★★★☆
非公開求人数
?????件
スポンサーリンク

目次


第二新卒(23歳~26歳)の転職理由は

※平成 27 年雇用動向調査結果の概況 – 厚生労働省

上記は厚生労働省が調べた雇用者の動向調査結果になっていますが、第二新卒(23歳~26歳)男女の転職理由は以下です。

第二新卒(23歳~26歳)男性 ※20歳~29歳平均値

1位 17.0% 労働時間・休日など労働環境が悪かった。
2位 12.8% 給料など収入が少なかった。
3位 10.5% 仕事の内容に興味が持てなかった。

第二新卒(23歳~26歳)女性 ※20歳~29歳平均値

1位 16.0% 労働時間・休日など労働環境が悪かった。
2位 11.7% 人間関係が好ましくなかった。
3位 10.4% 給料など収入が少なかった。

男女差では女性は「人間関係」が原因で転職をする人が多く理由としても2位となっている。男性は「仕事の内容に興味が持てなかった」というところが特徴で、やはり慣れによる仕事の飽きや、そもそものミスマッチなどが原因と考えられる。

世代別にみると男性のほうは30代に入ると「労働環境」の転職理由はぐっと過ぎることから、この第二新卒(23歳~26歳)では共通して「労働環境」はかなり気にする傾向があることがわかる。

転職すると「労働環境」「人間関係」「仕事への興味」などはある程度解消される

この転職理由となっているネガティブポイントは転職すると解消されるのか。

私の周りの経験則からもある程度解消されているケースが多いです。

・労働環境/仕事への興味は自身の目利きである程度わかる。

新卒時代は具体的な仕事内容などがわからないので、どのあたりを確認することで労働環境が自分に合っているか判断することはほぼ不可能だが、一度働いている第二新卒世代はそうではない。同じ業界内であれば、ある程度の仕事内容もわかりますし、全くの異業界でない限り労働環境は多少わかります。

さらに仕事内容自体は、同じく求人票を見ればどのような仕事内容かある程度想像がつきますし、数年仕事をした中で「自分に合う仕事」が少しでも把握できていると思いますので、そこを外さなければ新しい環境という高揚感から仕事への興味も上がると思います。

・人間関係は職場によって良くも悪くも全く変わる。

人間関係で辞めるのは何も第二新卒世代だけでなく、社会人の全世代が苦労しているところです。ただここに関しては良くも悪くも転職をするとガラッと変わりますし、一から構築していくので自分自身でいい環境にも悪い環境にも代えることができるでしょう。

新卒世代では、とにかく内定をもらうために必死であまり回りが見れなかったかもしれませんが、中途面接は新卒面接とまた少し違った雰囲気なので、もう少し余裕が持てるため面接官となっている現場の人などと話して人間関係の雰囲気を感じることができると思います。

このように必ずしも転職をすることがいいわけではないですが、転職という手段を選ぶタイミングとしては非常にいいタイミングだと思います。

そこで転職活動をする上で、だれしもが失敗したくないですし、効率的にやりたいと思っていると思いますが、そのうえで大事になるのが「転職エージェント」です。

しかもその「転職エージェント」は世代や目的によって「より良い転職エージェント」があるのもまた事実です。

今日は第二新卒(23歳~26歳)おすすめの転職エージェントを厳選して3つご紹介します。

第二新卒(23歳~26歳)転職におすすめな転職エージェント厳選3選

第二新卒の転職におすすめな転職エージェント

第二新卒の転職おすすめ度
★★★★★
非公開求人数
17,370件
第二新卒の転職おすすめ度
★★★★☆

非公開求人数
139,577件
第二新卒の転職おすすめ度
★★★★☆
非公開求人数
?????件
第二新卒の転職おすすめ度
★★★☆☆
非公開求人数132,754件
第二新卒の転職おすすめ度
★★★☆☆
非公開求人数
6,966件
第二新卒の転職おすすめ度
★★★☆☆
非公開求人数
?????件

若手から絶大な支持「マイナビエージェント」

■第二新卒の転職のおすすめ度 ★★★★★

こんな人にオススメ
・20代/第二新卒世代で転職を考えている。
・関東エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉)で転職活動をしている。
・マイナビ(新卒)を使ってマイナビになじみがある人。

マイナビエージェントの特徴

新卒時代に使っていた「マイナビ」で馴染み深いかもしれませんが、中途転職の転職エージェントもやっており、特に拠点が首都圏に多いので東京・神奈川・埼玉・千葉の求人が多く、このエリアで就職を考えている人には特におすすめです。

マイナビエージェントは「東京2か所」「大阪」「名古屋」「福岡」の5か所に拠点があり、全国展開になっております。

第二新卒の人におすすめな理由 「20代の若手登録者が非常に多い」

20代/第二新卒の転職にオススメな理由は、リクルートエージェントやインテリジェンスなどの大手に隠れていて知られていないですが、テレビCMなどでよく見る「マイナビ転職」と同じように20代など若手の利用率が非常に高く、その登録者向けにいい求人を揃えるために「20代/第二新卒向け」の求人を非常に多くもっているのでオススメです。

↓↓↓


・大手企業の求人が豊富「リクルートエージェント」

■第二新卒の転職のおすすめ度 ★★★★☆

■こんな人にオススメ
・大手企業に転職を希望している。
・未体験を含めて数多くの求人を見て探したい。
・まだリクルートエージェントに登録をしていない。

リクルートエージェントの特徴

マイナビほど若手に振り切っていないですが、転職エージェント業界1位なのが「リクルートエージェント」です。

第二新卒を含めた全年代でオススメになる万能の転職エージェントですが、その理由がとにかく求人数が豊富という点です。各世代で転職するときの理由が違うように求めるものの幅がひろいため、そのすべての世代に対応できるように営業した結果その幅の広い求人を保有するに至っています。

第二新卒の人におすすめな理由 「未体験でも応募できる求人が多い」

第二新卒の転職におすすめ出来る理由は、求人数が非常に多いため「未体験」でも応募できる求人も多い点です。

求人数が多い理由は「拠点数No1」「営業数No1」が要因です。

国内拠点数もダントツ1位で全国16拠点と、2位のインテリジェンスが10社なのでダントツに多く、この拠点数からも求人の網羅力が高いことがわかると思います。
製造業を始め、意外に首都圏以外に本社を構えている企業も多く、そういった企業から求人をたくさんもらうためには、近くに営業所があるのは非常に強みとなるため、拠点数の多いリクルートエージェントが求人数の多い理由です。
あとは3,500人を超える国内最大級の組織力をもとにした絶大な営業力からも求人数の多さがわかると思います。

そういった背景があるため、結果的に他の転職エージェントが持っていないリクルート独自の求人などを保有するという状況になっています。

↓↓↓

※リクルートエージェントをもっと知りたい

総合力No1リクルートエージェントを活用すべき5つの理由と利用者の評判と口コミ
転職を考える人の中でリクルートエージェントを知らない人はいないと思います。 それもそのはずで国内の中途などの人材紹...

第二新卒特化「転職エージェントneo」

■第二新卒の転職のおすすめ度 ★★★★☆

■こんな人にオススメ
・既卒もしくは第二新卒で転職を希望している。
・東京近辺で転職活動をしている。
・未体験の職種に転職を希望している。

転職エージェントneoの特徴

転職エージェントneoと言われてもピンと来ないかもしれませんが、ネオキャリアというかなり大きな人材紹介会社で、古くは「新卒向け」採用のコンサルティングなどをやっていた企業です。

そのため20代/第二新卒の求人は非常に多く、この年代の人へのキャリア相談や転職支援にはかなり知見がある転職エージェントになります。

第二新卒の人におすすめな理由 「第二新卒特化エージェント」

さ第二新卒の転職におすすめな理由はずばり「第二新卒に特化した転職エージェント」であることです。

ここは既卒の人も得意としておりとにかく20代前半の若手の支援を積極的に行っているため、第二新卒世代の人ならではの転職に関する悩みなどの知見が多いキャリアコンサルタントがいます。

またリクルートエージェントと同じく経験が少なくてもいい「未体験」でも受けることのできる求人が非常に多いため、異業界への転職を考えている人にもお勧めな転職エージェントです。

↓↓↓


いかがだったでしょうか。

20代・第二新卒で転職を考える人向けの転職エージェントは実は結構多いことが分かったのではないでしょうか。
転職エージェン自体は登録してから絶対に転職しなければいけないわけではないので、まずは今後のキャリアを考える上での相談でもいいでしょう。

さらに厳選とまではいかないですが、私の周りの第二新卒世代でよく使われているおすすめの転職エージェントをご紹介します。

第二新卒の転職におすすめな転職エージェント

転職サイト/エージェントの二役「DODA」

■第二新卒の転職のおすすめ度 ★★★☆☆

■こんな人にオススメ
・仕事が忙しくてエージェントとのメール頻度が多くできない人
・転職サイトも登録しようと考えている人
・忙しいからメールやり取りではなく管理画面などで自発的に情報収集したい人

転職サイトと転職エージェントを同時に使える

第二新卒とはいえ、そろそろ任される仕事の幅も増えて仕事量も増えているため「仕事が忙しい」人がい多いと思います。
そういう人にとってメールでの情報収取だけではレスポンスが悪くなる分時間もかかるのではと不安に思うと思います。

そんな時に活用するのが「転職サイト」というエージェントサービスではなく、自分で自発的に求人検索・求人応募などを活用する人がいると思いますが、DODAは他転職エージェントとは違ってその「転職サイト」としてのサービスも一緒になっています。

転職サイトとは転職エージェントのように専属のキャリアアドバイザーのような担当がつかない代わりに、自ら気になる企業の求人を検索閲覧することができ、直接応募までできるサービスです。自ら動く必要があるので少々手間と感じるかもしれませんが、本気で転職したい人からすると求人をたくさん見ることができるため、転職サイトを併用して使っている場合が多いです。

転職サイトとしての求人もあるので求人数が国内最大級

DODAではそういった転職サイトにも同時に使えるため、エージェントサービス側で営業して取ってきた非公開求人などと合わせると一度に見れる求人数は国内最大級の規模になると思います。

やはり第二新卒の場合、別業界/別職種などへの転職も視野に入れていると思いますので、その際「未体験」でも転職ができるような求人があるか否かは重要です。そういうときに大事になるのは「求人数」なのでその点DODAはおすすめできるだけの規模を持っています。

↓↓↓


・少数精鋭!トータルソリューション提案「typeの人材紹介」

■第二新卒の転職のおすすめ度 ★★★☆☆

■こんな人にオススメ
・とにかく年収を上げたいと思っている人
・首都圏で営業をやっている20代の人

転職後の年収アップ率が驚異の「71%」


※typeの人材紹介 公式サイト 抜粋

typeの人材紹介は業界内でも規模は少なく少数精鋭でやっている転職エージェントですが、とにかく転職をする際に重要な「年収アップ」にコミットメントした活動をしています。

もう1つ特徴的なのが「DODA」と同じく自社で「@type」という転職サイトも一緒に運営をしており、そちらも会員規模150万を超える国内屈指の転職サイトとなっているため、様々な求人を抱えている点も大きな特徴です。

typeは特に20代の営業職転職において非常に強みがあります。
具体的には営業系の求人を非常にたくさん持っているため、第二新卒でかつ「営業職」の人は必ず登録しておいて損がない転職エージェントです。

↓↓↓


・世界第2位の転職エージェント「ランスタッド」

■第二新卒の転職のおすすめ度 ★★★☆☆

■こんな人にオススメ
・外資の転職エージェントで転職を考えている人
・雇用体系を派遣を含めた様々なパターンを考えている人

世界第2位のグローバルで活躍する外資系転職エージェント


※ランスタッド公式サイト 抜粋

ランスタッドは日本ではそこまで有名ではないですが、オランダで創業したグローバルで展開している人材サービス会社で、全世界の売上では「アデコ」に次ぐ第2位という規模で展開をしている超大手企業です。

展開している国数は39か国となっており、全世界で29,000人を超える従業員数となっており、様々な国の求人を持っており、そのため転職者からすると「グローバル求人」の紹介を受けることができます。

第二新卒とはいえ、今(2017年現在)は稀に見る「売り手市場」になるので、実力のある人は非常に重宝される時代です。さらに「外資系企業」というのは実力があれば年齢などは二の次と考える会社が非常に多い、実力社会になっており、第二新卒世代でも実力如何で「外資系企業」への転職を視野に入れること重要です。
そういった際にはランスタッドが強みとするグローバル求人の紹介が受けられる点はおすすめです。

またランスタッドの特徴はグローバルで展開をしている求人の幅以外に「第二新卒~エグゼクティブ」までの幅広い転職者に対応できるため、第二新卒を含めたすべての世代の人に対して満足いくサービスを展開することができます。

↓↓↓


いかがだったでしょうか。

みなさんがいい転職活動ができますように。