転職エージェント「DODA」の利用者の“評判6選”とを絶対使うべき4つ理由

Pocket

転職をするときにほとんどの人が使うのが転職エージェントです。

ただその転職エージェントというのは最大手のリクルートから~中小企業の転職エージェントや1人で切り盛りしているフリーエージェントと非常に数が多く、どこを使ったほうがいいか本当に迷います

今日はそんな企業の中で大手転職支援企業インテリジェンスが運営する「DODA」の詳細とDODAを使って転職をしている人の生の声となる評判や口コミなどをご紹介します。

パーソナル株式会社が運営の「DODA」とは

ご存知の方もいるかもしれませんが、実はDODAを運営するインテリジェンスは古くは「USEN」のグループ企業だったのです。さらにここの卒業生には非常に有名な起業家が多く、そのうちの一人はサイバーエージェント創業者の「藤田晋さん」なども名を連ねており、リクルートのような起業文化が根付いている非常に活発的な会社なのです。

またスタート時は1989年に「DODA」という名前で転職情報誌をスタートさせたのが始まりで2009年には廃刊となりましたが、この業界ではリクルートと並ぶ歴史があり「30年近い」歴史があるようです。

ちなみに2013年に人材サービス大手の「テンプ」に親会社が変わってUSENグループではなくなっています。

※追記
2017年7月より「インテリジェンス」からパーソルキャリア株式会社」に会社名を変更しております。

DODAの評判がいいポイントについて

DODAが選ばれる理由はたくさんありますが、評判がいい4つのポイントをまとめてご紹介します。

DODAの評判が良いポイント①
転職サイトと転職エージェントの合体

DODAの最大の特徴はなんといっても「転職サイト」「転職エージェント」の両方をかねさなえているという点です。

転職サイトというのは転職エージェントと違って「求人に直接応募」できる機能を持ったところで、転職エージェントのようなキャリアコンサルタントがつかないので自由に企業へ応募ができるサービスです。

ただ転職エージェントを通さない分スケジュール管理や知らない企業を自分で見つけにくいなど、なかなか慣れた人でないと転職サイトに登録するだけでは上手くいかないため、転職エージェントと併用して登録する人がほとんどです。

その際にDODAだと前述の転職サイトの機能と転職エージェントの機能の2つを持っているので、1回の登録でどちらも使えることが転職者側からすると非常に大きいメリットです。

↓↓↓

DODAの評判が良いポイント②
転職エージェント登録後に開示される管理画面がGOOD

これは実際に登録しないと見えないのですが、大手の転職エージェントだと登録すると登録者専用の管理画面が発行されます。ここで転職エージェントとのやり取りや先行状況などもろもろが確認できるのですが、ここのUIや使いやすさは各社バラバラです。

その登録者専用の管理画面が「DODA」は非常に使いやすいのです。

求人を4つのカテゴリでフィルタリング可能

※DODAのマイページ

各転職エージェントはたくさんの求人が紹介されるため、その紹介された求人に関してのフィルタリングが非常に重要となります。

DODAではそれを想定しており、上記のように

「応募依頼する」
「検討リストに保存する」
「非表示」
「応募しない」

というかたちで一括でフィルターがかけられます。
これにより一回一回確認する必要がなくなりますし、短時間にかつ一度にたくさんの求人を各にすることが出来ます。

これにより自分の選考状況が管理しやすく非常に見やすいです。

紹介してもらう求人なども大事ですが、転職活動が進んでいくとこのような選考状況の把握などがかなり大変になってくるため、私が転職エージェントを使う中で重視しています。

DODA評判がいいポイント③ 掲載求人数が国内最大級

転職エージェントを活用する理由の上位が

「非公開求人の量」

「希望に合った求人を紹介してもらえる」

など求人の数に関係する理由が非常に多いです。

DODAはこの求人数が国内最大級で最大手のリクルートなどと並ぶほどの量になっており、その結果登録者数が約339万人(2016年9月)を超える登録者がおり、非常に多くの人からの支持があることがわかります。

2017年3月時点ではDODA上で「3万件以上」の求人が登録されており、競合となるリクナビNEXTなどが7,000件前後となっていることからもその多さがわかると思います。

DODA評判がいいポイント④
最新技術のAIを駆使しておりマッチング精度が高い

上記はDODAで採用活動をしたい企業向けの説明になるが、DODAに登録をした転職希望者の経歴や志向を元に、DODAのAI技術を駆使して、適切な転職者にターゲットを絞って求人を表示する機能を持っており、これにより転職時のミスマッチを減らすだけではなく、まだ知らない企業を知ることができるなど非常にいい機能を持っています。

その他、ご自身が登録した内容やDODA内の閲覧した求人履歴などに基づいて精度の高いレコメンドをする機能などもあることから、転職者側も効率的にかつ、良い企業に出会え安くなっております。

いかがでしょうか。

通常転職サイトや転職エージェントは複数登録するのが当たり前としても、そのうちの1つをDODAにするべき理由は分かったかと思います。

ここからはそんなDODAを使った人の評判を紹介します。

↓↓↓

DODA利用者による評判

No 人物 評価 転職後の年収 良い評判
+100万 圧迫面接や応募企業向けなど面接対策◎
-30万 レスポンスが早く質が高く安心感◎
+80万 ハローワークと違い転職エージェントは◎
-60万 履歴書作成や面談調整のリソース大幅減
±0万 金融機関の募集求人数が一番多い
+40万 求人量および質が他社よりも◎

※上記表の「★」を押すとその評判の詳細を確認できます。

DODAの評判① 31歳の女性 「転職後:(年収+100万)

良かった評判

初めて利用したが、圧迫面接や応募企業に合わせての面接の練習など非常に親身

初めてエージェントサービスを利用しましたのですが、最初は実際に会ってキャリアカウンセリングをしてもらいます。その際に自分の希望や、今までの経歴などをお話しし、自分にあったお仕事を紹介してもらいます。

私は転職活動をしたことがなかったので、まずは圧迫面接のシミュレーションをしてもらいました。面接の練習は友人などでは甘えが出てしまうためできないのですが、専門の担当者が質問内容も応募企業に合わせてしてくれるのでとてもためになりました。

実際に圧迫面せつの企業に当たったのですが、見事内定を勝ち取ることができました。
また履歴書やエントリーシートも添削をしてもらえます。
選考が進み内定が決まったので辞退連絡をしたいという時も間に入ってもらえるので自分でする手間が省けます。

就活は一人でするものではあるのですが、不安要素も強かったため二人三脚で内定までをフォローしてくださったので利用してよかったなと思いました。

悪かった評判

希望にもよるが、希望の求人が少なく、メール量がかなり多かった。

DODAは良いことばかりでしたが、あえて言うとすれば自分の希望にあった職種の紹介件数が少なかったかなと思います。

最初事務希望だったのですが、今こちらでは2件しか事務求人がありませんと言われました。
事務求人は無料のハローワークでも十分に人員が集まるので、こういうエージェントサービスに求人依頼をしてくることは少ないと言われたのですが、せっかく登録しているのだから事務求人も増やしても良いのではないかなと思いました。

自分の希望職種に近いものを送ってくださるという方針なのですが、かなりメールがたくさん来るので、振り分けするのも少し大変だった思いがあります。中には勤務地が関東のものもあったりして、もう少し希望を絞りメール配信を行っても良いのではと思いました。

DODAの評判② 26歳の男性「転職後:年収380万(−30万)

良かった評判

レスポンスが非常に質が高くかつ早かったため非常に安心感があった。

面接時のアドバイスを面接日間近になるとお電話、もしくはメールでいただき、初めての転職の際には安心感につながりました。

また、面接後にはエージェントに面接の完了報告と就職希望の変化や感想などを連絡するよう言われており、時間が夜遅くではない限り比較的早くレスポンスがあり、面接を受けた企業について自分の中だけでなく、客観的に私のことを分析してくださるエージェントのかたの意見も参考にすることができたため、頭の整理がしやすかった記憶があります。

担当は基本的に1人のようですが、担当の方がお休みの際も、しっかりと引き継いで私の志望する職種について理解されている方が対応してくださったので、エージェント側の都合による日時の縛りは感じられなかったため働きながらでなかなか時間がない場合もうまくサポートいただけていました。

悪かった評判

担当によって対応の質の違いが現れるので、相性が悪い場合は変更する方が良い。

私は4名ほどのエージェントの人と関わることがありましたが、対応の質の違いが感じられました

こちらの情報についての引継ぎはされているようでしたが、おそらく性格によるものだと思います。他にこの転職エージェントを利用した方で、担当を変えてもらったという方もいらっしゃるようなので、担当との相性が悪いと感じたら変えてもらうように希望することも1つの手段だと思います。

また、私はこちらのエージェントへの転職も挑戦してみないかと紹介され、多少興味があったので応募し選考に進みましたが、結局他の職種への希望が強くなったため正式な方法で辞退を願ったのですが、なかなか引き下がっていただけなく精神的に苦労しました。

それも私を担当してくださった方の性格や考えによるものかもしれませんので、やはり不信感があれば担当変更を願うことも重要になるかもしれません。

DODAの評判③ 30歳の男性(転職後:年収+80万

良かった評判

DODAのような大手転職エージェントとハローワークでは大違い。

大手転職エージェントは持っている求人が多く、毎週3社ペースで面接予約までしてくれますし、面接日程の調整も個人では断られるが、転職エージェント経由ならスムーズにできる。

就業中に転職活動するのが基本なので、日程調整ができる点は案件数よりも重視すべき要件です。

実は中小転職エージェントも大手転職エージェントから申し込めるので、とりあえず登録する先は大手転職エージェントだけでよいと思う。
中小転職エージェントも登録したが、紹介される求人に癖があるものが多く、面接の日程調整も転職エージェントを複数使いすぎるとうまくできない。

ハローワークも試しに使ってみたが、履歴書郵送が基本で、返信率も3割程度と低いうえに、ハローワーク経由では面接に一度も進めなかった。転職エージェントでは引く手あまただったのに。

結局、採用側も転職エージェントには高い手数料を払う分、求職者に真剣に対応する姿勢がある。

悪かった評判

転職エージェントは職員の能力差が激しいので、合わない場合は即他社に。

転職エージェントは職員の能力差が激しいため、いくら大手転職エージェントだからといって必ずしも有能な人とは限らない。容量の悪い人が担当になると、面接までなかなか進まないし、連絡の手間も逆に増える。

転職エージェントの職員を求職者が選ぶことはできないので、駄目な転職エージェントだと感じたら、無理して使おうとせずに他社転職エージェントに乗り換えて活動する積極性が求職者には必要。

エージェントの問題点は、求職者の年収を元に手数料を雇用先に請求するので、なるべく高年収な業界、職種ばかり紹介してくること。本人の能力、希望よりもカネが優先されるので、私の場合はソフトウェア技術者にも関わらず、金融、コンサルティング、広告業界ばかり紹介された。

技術系ポストより、営業よりの役職を紹介された。理由は年収が高いから。
転職は、年齢、回数にシビアなので、失敗すると同じ条件ではやり直せない。即断せずに、慎重に比較検討すべき

↓↓↓

DODAの評判④ 28歳の男性「転職後:年収650万(-60万)

良かった評判

履歴書作成や面談のスケジューリングなど転職にかかるリソースを大幅に削減。

全体として転職活動に際して発生する手間が削減されたという点が良かった

希望した業界・職種の仕事に関する情報を調べて、まとめて教えてくれるため、探す手間が減る。職務経歴書は既成ファイルがあり、そこに入力すれば簡単に作成ができる。

また、企業との面談のスケジュール調整も丸投げに近いかたちで依頼して進めても問題なく調整がつく。転職エージェントを利用しない場合、上記のすべてを自らこなす必要があり、働きながら転職活動をしている場合、かなりの負担となってしまう。

しかも転職エージェントはすべて無料で利用することができるため、使わないとむしろ損ともいえる。転職エージェントを利用して失うものは、対峙する時間くらいで、面談も電話で済ませてしまえば、移動の時間も節約することができる。

悪かった評判

当初新人が担当で不振が感が募ったが、担当変更後は不満は解消した。

担当者が変わるまでは新人がついており、不信感が募った

依頼した業界・職種からずれた提案をしてきたり、紹介した理由・根拠を問うと回答できず、やっつけで仕事をしている感が垣間見えてしまった。こちらから質問をするとほとんどの場合「確認します」と言って、何日か経ってから回答もしくは、回答すること自体を失念しているというケースもあった。

自分の人生の一旦を預かってもらっている人物にはふさわしくないと感じ、別の担当者に変更を依頼するに至った。

変更後は問題なく活動を進めていくことができ、新たな不満が発生することはなかった。無料で多くのサービスが利用できる転職エージェントは便利だが、新人や力の乏しい担当者に遭遇するリスクは念頭に置いておいたほうが良いかもれない

DODAの評判⑤ 36歳の男性(転職後:年収変わらず


良かった評判

希望となる金融機関の募集企業型者と比較して一番多い。

私は大学卒業後、金融機関に就職しました。約14年間勤務したのですが、一身上の都合により退職致しました。

金融機関の経験しかなく、またそれが強みになると思い転職先も金融機関を希望していました。DODAを選んだ理由は、金融機関の募集企業数が一番多かったためです。職務経歴書の書き方や面接での自己アピールの仕方など、実践的なサポートが充実している事。セミナーやイベントも豊富で、金融機関のキャリアセミナーにも多数参加させて頂く事ができ、企業の求める人材と自分のキャリアとのマッチングが確認できた点は大変良かったと思っています。

申し込みが完了するとキャリアカウンセラーという人が担当してくれるのですが、最初は大変親身になって対応してもらえ、自分の経歴を最大限活かせる企業の紹介をしてもらうことが出来ました。

悪かった評判

システム関連の専門性がなく、内定が出ないと連絡が事務的に。

金融機関での経歴は、金融実務経験が約5年、金融システム関連が約24年ありましたので、金融システム関連の仕事を希望しておりました。

担当して頂いたキャリアカウンセラーの方は大変良かったのですが、システム関連という専門性についてはあまり知識がなく、ちょっと的外れな企業を紹介するような場面もありました。

最初は熱心にサポートして頂けるのですが、なかなか就職が決まらず時間が経過すると対応が疎かになり、レスポンスも悪くなった事がありました。メールで情報を頂けるのですが、時間とともに事務的な対応が目立ってくる事がありました。

また、スカウト機能あるのですが、私が希望している職種とはかけ離れた企業からのスカウトがくることも多く、無駄な時間を費やしてしまう事も少なくありません。

DODAの評判⑥ 24歳の女性「転職後:年収390万(+40万)

良かった評判

求人の良/質共に他エージェントよりも良く、実際に求人の給与面が他より◎

未公開求人が多く、求人の量、質共に他エージェントより良く充実している。

担当のレスポンスも早く、足りない点などの指摘も端的でかなり明確。職務経歴書もフォーマットがあり、このフォーマットに従って書くのが1番個人的には収まりの良い職務経歴書になり、エージェント利用を考えていない方も、職務経歴書は是非当サイトからのフォーマットの利用をお勧めします。

他エージェントも並行して利用していましたが、他エージェントより給与面が好条件な求人も見かけたため、営業マンの交渉力が高いのでは。

担当から紹介してくれる求人も、希望にマッチしているものが多かったので、当エージェントで求人を検索することがほぼなかったです。転職初心者も、転職経験者も使いやすいエージェントだと感じました。

悪かった評判

私だけかもしれませんが、レスポンス内容が非常にあっさりしている印象。

自動でマッチする求人が毎昼大量にメールが来るため、かなりの量で精査するのがすごく大変でした。スカウトのようなものもありますが、自分にマッチする企業からのスカウトは届いたことがなく、何度も同じ企業から届くのが少し億劫でした。

あと他エージェントでは書類選考落ちでもどのような理由で、というフィードバックがありましたが、募集要件を満たしていない為など当エージェントはかなりあっさりした内容でしか教えてくれず、自分だけなのかもしれないですが以後はもう少し次回応募企業へ向けてどうするべきかなどのフィードバックもあれば良いのでは?と感じました。

全体的にホームページと一緒でかなりあっさりしている印象でした。エージェントを利用する=他人の意見が欲しいので、もう少し色々意見などがほしかったなと感じていました。

↓↓↓

DODAの機能説明 ⇒ 転職サイト「DODA」のキャリアタイプ診断とは