転職エージェントに相談だけしても平気?現役&元転職エージェントに聞いてみた

Pocket

「すぐ転職をするわけではないけど、転職に関する相談をしたい」

こんな悩みを皆さんよく持つと思います。そう行った悩みの解決案として身近な先輩などに聞く手もありますが、やはり今いる会社の人に辞める相談はしにくいと思います。

そこで転職のプロである「転職エージェント」に

「今すぐ転職するつもりはないんだけど、転職活動に関して相談だけしたい」

という誘惑にかられると思いますが、今日は現役&元転職エージェントにそんな厚かましい相談をしてもいいのか聞いてみました。

★この記事を読んでほしい人

  • 転職したいけど、誰かに相談したい人
  • 転職エージェントに行きたいけど、いきなり転職が怖い人
「転職成功者が教える」転職エージェントとの面談を行う上で知っておくべき知識
2018年現在、非常に市況がいいため「超売り手市場」などと言われるため、転職先を探す上では非常にいい状況です。そんな中で転職活動...
相談だけでもOKな転職エージェント
・20代におすすめ<マイナビエージェント>
・30代におすすめ<ランスタッド>

スポンサーリンク

単刀直入に転職エージェントに相談だけしたいってアリ?

結論でいうと「全然アリ」です。

全然アリです。正直、日々色々な求職者の方いらっしゃいますが「3割くらい」の人が相談だけで、実際に案件を紹介して転職活動を始めるまで行かない人がいます。というよりも、みなさん状況を聞いて欲しかったりするので「情報収集」という目的でいらしていると思います。

上記の通り、ほとんどの人が情報収拾を目的としているようです。なので転職エージェントに相談しに行くのは全く問題なさそうですね。知り合いの別の転職エージェントの人は

基本的に「転職することは決めている」という人も含めると「5割くらい」の人が情報収拾のみできますね。もちろん、その情報収集の結果自分の希望する条件で転職が難しいと思われたり、行きたい企業が定まらなくて辞めてしまう人もいるので、転職エージェントに相談目的で来る人は非常に多いですね。
確かに、転職したい!という気持ちだけ持って、その後何をしたいとか、どういうところに行きたいとか定まらなくて悶々とすることがあるので、そう行った意味でも相談しに行きたい時に行けるというのは非常に安心できますね。

転職エージェントに相談だけで来るのは迷惑?

とりあえず、転職エージェントに相談だけで来る人が多いのは事実のようですが、実際それって転職エージェント的に面倒なお客さんになるから迷惑になるでしょうか。

迷惑も何もそういう人が「普通」なので特に何も思わないです。正直お話しした通り、大半の人は転職するにしても「どのように進めるのか」など転職活動全般に悩みを持っている人が多いので「転職したいので案件ください」というところまで、具体的に動いている人は割合として少ないです。もちろん、相談に乗った結果「転職しないほうがいい」というアドバイスをすることもあります。
やはり、相談だけの層が多いので、ある意味慣れているようです。たしかに転職活動ってやったことある人でも、1〜2回の人がザラなので、実際「どのように進めるのが良いか」など全般的に悩むので、それをプロに相談して解消して納得のいく転職活動が出来るならそれに越したことはないですね。
正直、相談だけでもきて欲しいです、理由は「いざという時のために繋がれるから」です。(笑)もちろん、相談にいらした時が転職をする時で無くても、今の世の中転職は珍しくないので、その時に選択肢の一つに上がってもらえるなら、むしろ相談だけでも嬉しいです。転職って検討を始めてから、実際に決めるまでのリードタイムが非常に長いので、そう行った長い間関係を作るのがある意味当たり前になっています。
少しビジネス臭がしますが、転職が当たり前になった今の世の中ならではかもしれません。やはり転職エージェントとしては、転職をするか悩んでいる人と接点を設けるということだけでも非常に価値があるので、相談だけでもむしろ歓迎される可能性もありますね。

転職エージェントの相談って具体的に何を話すの?

では実際転職エージェントに相談に行った際、どんなことを話すのかざっくりご説明します。下記は当日話をする順番ではなく、当日話すであろう相談内容になります。

転職エージェント相談内容① 現職の仕事内容や何をしてきたか

まずは今どのような仕事をしているか、その中でどのような結果を出してきたかなど現在働いている仕事内容について聞かれます。転職エージェント側も、転職という非常に大きなライフイベントに携わるので「どのような人柄なのか」などを、仕事内容やその仕事を通して経験してきた内容から推測をして行きます。

ご自身でも肌感覚あるかもしれませんが、同業界でも企業文化が正反対の会社が存在するため、どのような企業に合うかなどをお人柄から推測して、転職先企業を紹介してきます。

お見合いなどに例えれば「生い立ち」などから人柄を見極める感じです。

転職エージェント相談内容② なぜ転職をしたいのか

もっとも大事であり、転職エージェントの人によっては非常にここ深掘って来る人がいます。今回のように転職するか、しないか迷っている人の場合は、正直にここで「転職するべきかわからない」など言ってしまって良いと思います

もちろん、転職することは決めているが、まだ決めきれていない人は「どういう理由」で転職したくなったのかをしっかり伝えましょう。その上で過去同様の理由で転職した人が感じたことなどを教えてくれるます。

転職エージェント相談内容③ 転職で何を大事にするのか

転職することが確定していなくとも「もし転職するなら」という視点になって、何を大事にするかを相談します。

よくあるパターンとしては

・年収をとにかく今よりあげたい。
・今の職場では、思い描いたキャリアプランが描けない。
・単純に飽きてしまったので、今の能力を活かして少し職場を変えたい。

このように「年収などの経済面」「仕事内容」「キャリアステップ」が転職時に大事にするポイントとして上がってきます。このいずれのパターンに属するかによって転職先の選び方が大きく変わるので、包み隠さずに自分が転職をする際に大事にしたいことをしっかり伝えると、より納得のいく転職活動が出来ると思います。

転職先を探すのは不動産を探すのに少し似ており「大事にする項目」が複数ある場合、優先順位をつけなければいけないので、この点自分で決められなければ、転職エージェントと相談しながら決めると良いと思います。

転職エージェント相談内容④ いつ頃転職を希望するか

これは結構決まっていないケースが多いのですが、意外に大事です。

転職活動を一度でもやったことある人ならわかると思いますが「転職先」の紹介を初めて、書類選考などを開始すると、場合にもよりますが割とすぐに選考が始まってしまいます。その後、選考の数は企業にもよりますが、1ヶ月〜2ヶ月あれば全ての選考が終わってしまうスケジュールになるため、最初に書類選考を始めるタイミングから、2ヶ月後に内定が出る計算になります。

そのため、ざっくりとした転職時期を決めておいて、そこから逆算でエントリーを始めると良いと思います。

※※注意※※
転職エージェントによっては、まずエントリーすることを勧めて来る人もいます。必ずしも悪いことではないですが、上記のようなスケジュールで進んでしまうので、あまり安易にエントリーはしないことをお勧めします。

転職エージェント相談内容⑤ どのような企業に転職したいか

ここまで来ると皆さんが想像する転職エージェントですね。

あなたの希望に合わせた企業を紹介してくれます。転職エージェントによっては、その日がっつりと転職先の候補となる会社を紹介してくれるケースもあれば、あなたの相談のみに時間を使って、転職先の紹介は後日メールや電話などでするケースもあります。

どちらのケースがいいというわけではないですが、個人的には「転職活動をどのように進めればいいのか」など、あなた自身の相談をする時間をしっかりと取ることをおすすめします。理由は転職先の企業自体、インターネットで検索をすることである程度情報が入って来るので、あえてその時間をたくさん取る必要はないです。もちろん転職エージェントが知る独自情報もありますが、割合としてはすごく少ないです。

相談だけでもOKな転職エージェント
・20代におすすめ<マイナビエージェント>
・30代におすすめ<ランスタッド>

いかがでしょうか。冒頭でご説明した通り「転職エージェントに相談だけする」ことは全然アリです。求職者は無料で使えるので、遠慮なく転職エージェントに相談しに行きましょう。