20代の転職理由ランキングと転職後日談「厳選16選」

Pocket

20代の人に取って転職という大イベントは初めての人が多いと思います。

そのうえで転職をするに至った理由は非常に気になると思います。

・こんな理由で転職なんて踏み切っていいのかな。
・うちの会社微妙だけど、他の人と比べてまだましなんじゃないかな。
・給料が低くて辞めたいけど、正直そんな変わらないだろうし、転職疲れそう。

などなど様々な考えが巡っていつも転職に踏み切れていないと思います。今日はそんな20代のたちのために、どのような理由でみんなが転職をしているのか、さらに転職後その人はどのような生活をしているのかをご紹介します。

20代におすすめな転職エージェント厳選3選
20代で転職をするのは早いか遅いか。 ひと昔の人では「20代の苦労は買ってでもしろ」とはよく言ったものです。 もちろ...
スポンサーリンク

20代の転職理由ランキング

まずは独自にアンケート取った転職理由のアンケートを元に20代の転職理由ランキングを作ってみました。

順位転職理由割合
1位給料などの経済面26%
2位やりたい仕事が見つかったため23%
3位職場の上司との人間関係19% 
4位職場の同僚との人間関係16%
5位会社の業績などの面6%
6位福利厚生などの面6%
7位別の会社から誘われたため3%

※アンケート母数:31人

給与など経済面の不満かと思いつつ、1位は「やりたい仕事が見つかったため」というのが全体の50%を占めた転職理由でした。ここから思うことはマイナスの理由で辞めるというよりは割とプラスの理由で転職を決めていることが分かります。

20代の転職理由 1位「給料などの経済面」

年収370万 × 25歳 × 女性 の転職理由

Q.給料などの経済面に困った時のことを具体的に教えてださい。
もともと専門職として働いていました。仕事自体にやりがいを感じていましたし、楽しく働いていました。しかし、3年目を迎えた頃に上司との会話がきっかけで、上司と自分の給料に差がないを知りました。調べていくうちに、昇給はほとんどないこと、役職についたとしても雀の涙ほど、さらに今後他の職場に移動をしたとしても、その職でいる限りは現状のまま、給料が上がることはないことを知りました
やはり将来を考えて、仕事にやりがいがあっても、やりがいだけでは生きてはいけないこと、資格を取ったとはいえ、違う道に進んだとしても戻ってこれるし、いまのうちに転職をしておいたほうが視野も広げられるチャンスなのではないか、と思い、思い切って転職をすることに決めました。
Q.転職した後の今の状況を教えてください。
結果的には転職をして本当によかったと思っています。いまの仕事は、前職とは全然違う仕事ですが、ひとつずつ仕事をこなし、成果を出す中で、どんな仕事についても自分はやっていく力がある、と自信がつきました。最初の方は不安や、仕事の用語が分からない、などたくさんありましたが、それも勉強していくなかで、自分の知識が増えていく喜びにもなりました。
給料面に関しても、最初は同じ程度でしたが転職して2年目では月2~3万円は上回っています。年収にしたらボーナスを含めるとだいぶ上回っているので、転職してよかったと思っています。
仕事のやりがいを捨ててしまった、と一時期は落ち込みもしましたが、今となってはどんな仕事もやりがいはあるし、やりがいにするかどうかは自分次第だ、ということに気づけたのと転職してよかった点です。

②年収370万 × 27歳 × 女性 の転職理由

Q.給料などの経済面に困った時のことを具体的に教えてださい。

退職した会社は、新卒で入社した会社なのですが、原因は複数あり、一番大きい理由は「残業代が払われない」からでした。

入社前に説明されたときは「残業は繁忙期のみあり」「残業代もちゃんと支給する」とのことだったのですが、実際は入社2か月目から、毎日まで22時まで勤務をしていました。その時期は繁忙期ではなかったのですが、仕事量だけはすごく多かったです。また、残業代も支払われなかったです。年収にしても、手取りではなく額面で300万円を下回るのと、入社5年目の先輩社員に給料について質問してみたら「新卒の給料から上がることは無い」ということを言われました。

この先、ここの企業に勤めていても、精神的にも肉体的にもすり減っていくとおもったので、転職を決めました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

振り返ると、これは非常に良いきっかけでした。退職後、他の企業に転職をし、給料に関しては前職よりも多少良くなった程度ですが、残業が繁忙期以外は無いです。

また、残業をしていると上司が早く帰れと声をかけてくれるため、会社終わりに自由な時間ができたので、習い事を2つ始めることが出来ました。有給取得にしても、会社で必ず消化するように指示があるので、きっちり消化しているため、前職に勤めている間は、プライベートを充実させる余裕は心身ともになかったのですが、今はやりたいことが多いです。

労働環境が悪くて悩んでいる方がいたら、早めに転職をした方がいいと私は考えます。何か病気になってしまったら、治すまでにも時間がかかるので、健康なうちに転職を進めることをお勧めします。

③年収470万 × 29歳 × 女性 の転職理由

Q.給料などの経済面に困った時のことを具体的に教えてださい。

転職を何度かしているのですが、現職を転職しようとしたきっかけは、給与面です。年に2回昇給があると聞いていたのですが、実態はほぼ昇給がなく、あったとしても月に2000~3000円ほどでした。ボーナスも年に2回支給されるのですが、普通評価で月給の1か月分。会社の業績が悪ければ×0.8や0.9となるので、1か月分ももらえないことが多々ありました。普通評価以上をもらえたとしてもせいぜい1.2か月分。

この先、何年働けば年収が何十万単位でアップするのか、先が見えなくなったことが転職の大きなきっかけでした。大手メーカーのように3か月分なんて夢のまた夢で、ほかの会社で働いている同年代の友人たちとの差が開くばかりで焦りも感じていました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

給与が低いとモチベーションもなかなか上がらないので、良い仕事をして会社に貢献するためにも、それなりに評価をいただけて給与をもらえる会社に転職することは大事なことがと思いました。

給与が低く不満を持ちながら働いている若手がたくさんいる会社だったので、会社全体の士気も低く、精神衛生上よくない環境にいたと感じました。転職の面接で「給与が不満で」ということは難しいので、うまく転職理由を創り上げて、現年収よりも年収UPできる会社の内定をもらいましょう。

給与が高い会社で働く社員は、やはり毎日いきいきと頑張っている印象です。「お金もらっているんだから、ちゃんとやろう。頑張ろう」という気持ちが根底にあるのと、「これだけしかもらえないんだから、手を抜こう」という気持ちで働くのとは全然違うなとあらためて実感しました。

年収アップする人の「5つ」の傾向と「5つ」の方法
社会人で働いている人のすべての人が一度は悩むのが 「年収をアップさせるためにはどうすればいいか」 だと思います。 ...

20代の転職理由 2位「やりたい仕事が見つかったため」

①年収380万 × 23歳 × 男性 の転職理由

Q.やりたい仕事が見つかったときのことを具体的に教えてださい。

最初はサービス業に就いていました。有名な大手企業です。何故そこに就職したかというと、学生時代からアルバイトをしていたため社員から引っ張られ、最終面接までいき内定を頂きました。就職活動中は配送業と営業にも興味がありましたが、大手というブランドに魅了されその企業に入社しました。
辞める理由は主に長時間労働が続いたことが理由です。まずはサービス業のため自分の時間(プライベート)がありませんでした。そのため休みの日もクレームの電話等がかかってきてなかなか仕事から離れられない生活が続き非常に苦しい思いをしました。しかし「残業代」「福利厚生等」は充実いていたためブラック企業とかの類ではありませんでした。

そのためプライベートな時間をしっかりと確保できる仕事に就きたく転職活動を始めて、今は配送の仕事に転職してしっかり定時に上がることができ楽しく仕事をしています。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

転職した会は有限会社で小さな会社ですが、以前の仕事と比較すると非常に楽しく、今の仕事は非常にやりやすいです。社長は「好きなタイミングで営業に行ってきていいよ」と言ってくれますし「君がそういうなら君に任せるよ」と自分でやりたい仕事ができ、以前働いていた大手企業ではなかなかできないことだと思います。

色々出来ると入社前に言われたが、いざ入社したらいろいろできるのは4年後の力をつけたくらいと言われました。それを考えると今の仕事は私に合っています。

唯一、悪かったことは今の会社は家族経営で小さな会社で、今のところは従業員数は5人で年商は1億くらいあるので大丈夫ですが、将来が不安になることがあります。今の状態が続けば給料も多めにもらっていけるとは思います。(実績にもよるが)また、家族経営のため言いにくいところはありますが、みなさん理解ある方のため今のところは問題なくやれています。

年収アップする人の「5つ」の傾向と「5つ」の方法
社会人で働いている人のすべての人が一度は悩むのが 「年収をアップさせるためにはどうすればいいか」 だと思います。 ...

②年収370万 × 23歳 × 女性 の転職理由

Q.やりたい仕事が見つかったときのことを具体的に教えてださい。

実家を出るために給料のいい仕事をしようと、契約社員として携帯ショップのスタッフとして働いていました。給料面においては不満はなかったのですが、毎日ショップの混雑でのハードワーク、クレーム対応などで精神的にも体力的にもしんどい日々が続きました。

2年近く働きましたが、接客スキルは身につくものの、将来この仕事をずっと続けていくのか、自分はどうしていきたいのか、疑問に思うようになりました。給料の高さでこの仕事に就きましたが、本当はプログラムだったりWEBデザインが好きでいつか仕事にしたいという気持ちがあったので、若いうちに挑戦してみようと転職を決意しました。自分の担当業務がキリのいいタイミングで、退職の意思を伝えました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。
転職したことによって月給は少し下がってしまいましたが、正社員になったことでボーナスが出たり、福利厚生が良くなったことで、総合的には雇用条件は良くなりました。自分がやりたいと思って転職した仕事なので、やりがいを持って毎日頑張れるようになりましたし、新しい知識の勉強をしたりすることも苦にならなくなりました。
今は新しい資格取得などしっかりとした目標があり、これから先のビジョンも見えています。とてもポジティブな思考になることができたので、転職してよかったと思います。
転職するのであれば、自分の将来をしっかりと見据えて、新しい仕事を選んで突き進んでほしいです。給料や福利厚生なども大切ですが、やりがいを感じないような仕事をするのは、とてもしんどいことだと思います。

③年収390万 × 26歳 × 女性の転職理由

Q.やりたい仕事が見つかったときのことを具体的に教えてださい。

日本で海外関係の仕事をしておりましたが、かねてから日本国内ではなく実際に海外で仕事をすることに憧れておりました。日本での仕事もやりがいはあったものの、諦めきれなかったことと、若いうちに海外に行きたいと思っていたので、いわゆるとりあえず3年というルールを自分の中につくり、3年間働きました。

働きたい国はすでにひとつに絞っており、日本で働きながら常に転職の案件を探しておりました。何度かその国へ旅行で渡航しており、コネクションをつくっていたことや、常にアンテナを張っていたこともあり、日本で3年働いたタイミングで、本格的に現地の方へ声をかけました。
結果、1ヶ月で5社から声をかけて頂いた中から、1番条件のよい会社へと転職を決めました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。
憧れていた海外勤務が出来て本当に良かったと思います。失敗したなと思ったり、日本に帰りたくなったなら、ある程度区切りをつけて日本に帰ればいいと思っていたので、思い切って転職、日本を出ることが出来たと思います。
私は社会人四年目で転職したので、踏ん切りがつけやすかったのもあると思いますが、ありきたりですがやらない後悔よりもやる後悔を選ぶ方が楽しいと思います。もちろん新しい環境でまた1から人間関係や仕事を覚えるのは大変な部分もありますが、後悔は全くありません。
結局海外では5年働き、仕事以外でも日本では経験できないことが出来、人生の貴重な経験となりました。チャンスは待たずに、自分からつくっていく姿勢があれば、転職もその後の仕事もうまくいくと思います。
20代におすすめな転職エージェント厳選3選
20代で転職をするのは早いか遅いか。 ひと昔の人では「20代の苦労は買ってでもしろ」とはよく言ったものです。 もちろ...

20代の転職理由 3位「職場の上司などの人間関係」

①年収360万 × 26歳 × 女性 の転職理由

Q.職場の人間関係に困った時のことを具体的に教えてださい。

職場に2人のお局様がいました。その方々は、その会社に20年程務めており、かなりのベテランでした。新人の私が、質問をしてもそんなことも知らないの?という感じで、いつも嫌味を言われながら仕事を教わっていました。事務系の仕事でしたが、同じ部署の従業員は5人しかおらず、そのうちの2人がお局様という最悪な状況でした。私と同期の方も1人いましたが、約1か月半で退職をしてしまいました。同期と一緒にいる時は、お局様からの嫌みも2等分することが出来ましたが、退職した後は1人集中攻撃を受けるような感じになり、分からないことを聞いても怒られるし、聞かなくても怒られるという感じになり、精神的にもかなりやられていたので、転職しようと決めました

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

転職をした結果は良かったと思います。職場が変われば人間関係は確実に変わりますし、次の職場は以前より人数が多くて、男女比が同じぐらいのところを選んだので、お局様のあからさまな嫌がらせを受けることはありませんでした。それでも、やはり2人ぐらいは面倒な方がいましたが、職場の人数が多いこともあり、みんなで分散されるような感じでした。

また、気の合う方も数人おり、その方々と仕事に終わりにご飯に行ったりして、ストレス発散も出来ています。人間関係の問題はどこにでもあると思いますが、程度はまったく違うので、私は以前の職場は辞めて正解だと思っています。仕事の分からない所も自分から聞きにいけば、しっかり教えてくれるので自己成長もできるところだと思って頑張っています。

②350年収万 × 26歳 × 女性 の転職理由

Q.職場の人間関係に困った時のことを具体的に教えてださい。

新卒で入社した編集プロダクションでの待遇があまりにもひどく、転職をしました。

社員が10名以下の小さな会社かつ家族経営の2代目が社長という完全ワンマン経営でしたので、パワハラやセクハラが横行していても皆見て見ぬふりで誰も注意をすることもありませんでした。月に120時間越えの残業も正当な残業代が支給されるわけでもなく、限りなくサービス残業に違いものでした(月に3?4万円が限度)。先輩社員が残業している以上、新入社員が先に帰れるはずもなく、定時などあってないようなものでした。極め付けは、酔った社長が深夜0時過ぎに会社に来て、新入社員を集めて朝方の5時過ぎまで罵倒と人格否定を繰り返したエピソードです。これに耐えかねて、自分の担当の業務に一区切りがついた段階で転職をしました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

きっかけとしては、悪いものだったと思いますが、結果としては自分のアイデンティティを守るためにとても重要な転職だったと思います。

転職をして今は大企業の一般職員をしていますが、固定給ではなくなったため、それなりに収入は苦しいです。転職に伴い賃貸マンションもより安いところに引っ越したり、外食の回数を減らしたり、友人との飲み会への参加の頻度も減りました。しかし、大企業ということもあり直接的に雇用主からプレッシャーやハラスメントを受けることはなくなり、私と同じ待遇の社員もたくさんいるので、お互いに愚痴を言い合ったりもできます。ひたすら耐え続けなければならない環境から解放され、精神的ストレスはかなり解消されたと思います。

また、心に余裕ができた分、業務にも意欲的に取り組むことができています。自分の人生なので、自分が生きやすく生きることが一番大事ですし、世の中には会社は他にもたくさんあるので、自分に合う所を探すのが一番だと思います。

③年収370万 × 27歳 × 男性 の転職理由

Q.職場の人間関係に困った時のことを具体的に教えてださい。

私は2つの出来事があって、上司のと関係を壊してしまい結果転職をすることになりました。1つ目は新任の職場の上司の人物像を理解していなかったため、早々に社内での発言など些細なことで上司のプライドに触れてしまったことです。2つ目は一度、素晴らしい上司の下で業績をあげたことがあるため、以前の上司と比較して今の上司を見てしまったことです。

その結果、与えられた指示しか仕事をやらずに、上司も自分への指示がどんどん荒くなっていきました。その後、会社の飲み会や行事に参加するのにも、後ろめたさや、ためらいが生まれ、いつしかその関係が部署内の雰囲気とリンクして、居心地が非常に悪くなってしまいました。お互いに業務フローをよく理解していたため、進め方について衝突するか、我慢するかの二つの選択肢しかなくなくなり、後者を選び早々に退職した。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

やはり退職日、ものすごく寂しさがあふれてきました。デスクを片付け、別の部署の上司と話すと、社内での別の窓口と相談してもよかったのではないかと感じました。しかし、嫌なもの、我慢をしあう関係のしがらみから外れたことは非常に心身にプラスでした。加えて、自分のやりたいこと、自分がいきたい方向にマッチした会社にいくことは非常に重要だと感じました。

ただ、その時の上司にも良いところがあり、新しい会社の上司にはない魅力だったことが後々わかりました。そういう意味で、やはり相談第一で、退職や転職をはやまらずに、じっくり相談をするのは非常に大切だと感じます。その上で、自分の直感もやはり大切で、今回の転職は非常に学ぶことが多かったと感じます。そして、過去の会社や現在出会う人々、自分の中で比較できるひとつの経験を転職から得ました。

20代の転職理由 4位「職場の同僚などの人間関係」

①年収350万 × 23歳 × 女性 の転職理由

Q.職場の人間関係に困った時のことを具体的に教えてださい。

私は同僚との人間関係が理由で転職をしました。入社して、3ヶ月 ある部署に異動させられました。その部署にはあるお局さんがいるのですが、その人の同僚への当たりの強さで何人も退職していたそうで、それを知らず私は異動したのですが、新人だった私にとても無理難題を押し付け、自分のミスも私のせいにする様になりました。

基本的に仕事を教える時もぶっきらぼうな態度で、消していい気分にはなりませんでした。
同僚にも同じく当たり散らし、物を投げるのは当たり前、大きな物音を立てたり、無視をしたりなどが日常茶飯事でした。全体を管理している上司がいるので、この状況は変えたほうがいいと相談しました。前向きに考えていくと言ってくれたのでそれを信じ毎日頑張って居たのですが一向に、現場は変わらず再度、上司に相談したのですが、手に負えないからと我慢を宣告されました。

こんな環境が悪い職場にずっといる自信もなく転職を考えました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

当時は、毎日が信じられないほど辛く 新しい職場に行っても同じ状況になったらどうしようと心配で、転職へもなかなか踏み出せませんでした。
ただ、限界を迎え思い切り転職をし、2ヶ月して新しい就職先を見つけたのですが、2ヶ月休んでみると、本当にいい経験をしたなと思えるようになりました。世の中本当に色々な人がいます。これから、もっと辛い現場にぶち当たるかもしれませんが、きっと今回あったことは次に生かされます。転職は、とても体力もつかうし 経済面も不安定になりますが、心が壊れてからでは何もできません。なので思い切りも大切ですので、転職はおすすめします。

②年収380万 × 25歳 × 男性 の転職理由

Q.職場の人間関係に困った時のことを具体的に教えてださい。

私が転職しょうと思ったきっかけは、様々ですが同僚、取引先の人との人間関係が一番大きい理由です。もう1つの理由は会社業績を見てると、将来的に不安かられてたためです。
個人的な話ですが、最近結婚してよく 将来的な事を考え、会社の体制変更、契約変更の話題が飛びかっておりました。そんな中同僚との人間関係は改善の兆しすら見えない状況でした。

しかし流石に結婚して間も無く辞めるなど中々出来ませんし、そんな事すれば、嫁や、実家の義理の親まで不安させる事になりかねません。なので正直に会社での出来事、自分の気持ちなどを嫁に打ち上げました。そうすると、嫁は最後まで話を来てくれ、私の転職に理解を示してくれました。これが私の1番のきっかけです。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

転職後ですが大変忙しいです!笑新たな仕事で覚えれるか心配です。ただ、新たな人間関係作りを楽しんでいます!前の仕事とは畑違いなので結構楽しく働けており、結果的には転職をしてよかったと思います。また転職を理解してくれて後押ししてくれた嫁にも大感謝です。

転職して良かった事は以下の5つです。

考え方が180度変わった。
世の中の見方が変わった。
人生が楽しくなった。
給料が増えた。
新しい友人ができた。

逆に転職して悪かった事は以下4つです。

中々仕事に慣れない。
疲れがとれない。
仕事が山積み。
新たな人間関係の構築。

私と同じような境遇にある人にアドバイスがあるとすると、職種は人それぞれですが、新しい仕事にチャレンジできる時は、自由に仕事が選べる時であり、自分に合った仕事を探すチャンスです。皆さんも検討してみてはいかがでしょう?

20代におすすめな転職エージェント厳選3選
20代で転職をするのは早いか遅いか。 ひと昔の人では「20代の苦労は買ってでもしろ」とはよく言ったものです。 もちろ...

20代の転職理由 5位「会社の業績などの面」

①年収480万 ×27 歳 × 男性 の転職理由

Q.会社の業績が悪いと思った時のことを具体的に教えてださい。

私は、人事採用コンサルティングの会社に勤めていたのですが、景気にもろに左右される業界であったことが、転職の大きな原因となりました。

会社として、90%以上が人事採用に関連する仕事である為に、景気が良ければ仕事が回ってくるのですが、景気が悪くなると、企業が人事採用の規模が大きく縮小していきます。また、私の勤めていた企業が中小企業の人事採用がメインターゲットであった為、人事採用は限りなくゼロになるので、仕事がありません。結果業績が悪化し、ワークシェアといって週5日勤務から週4日勤務に強制的にさせられるということがありました。それ以来、業績にもろに左右される業界や企業は将来的に良くないと思い、転職をすることにしました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

結果的に転職をして良かったです。現在は景気に左右を全くされないわけではありませんが、その左右される範囲が小さく、ワークシェアなど給料が大幅に下がるような企業ではないところに就職できたので悩みは解決されました。

また、東京という大きな市場へ挑戦することも出来ているので、仕事のやりがいも同時に出てきました。また、給料の安定面でいいますと、転職先の企業は一部上場企業が親会社にあるので、どれだけ大きな経済的打撃を受けても、耐えうる企業の体力があるところです。

これらのエピソードから私は仕事のやりがいはもちろんですが、給料が安定していることが第一だと考えて転職活動をしたので、自ずと業界はもちろん、親会社や取引先の情報などを中心に検索して選びました。

②年収580万 × 29歳 × 女性 の転職理由

Q.会社の業績が悪いと思った時のことを具体的に教えてださい。

輸出入の通関業者で5年ほど勤めていたのですが、4年目になり、経営の方針が代わり、通関代行業務だけではなく、全く新しいリサイクル事業を始めたため、今後の経営の不安を感じて転職しました。

大きな倉庫を借りたり、スタッフを増やしたりした割には、集客が無く、ランニングコストばかりかかるようになり、ボーナスカットや社内での備品の節約など細くなり、経営者は焦った表情でどう見ても儲かっていなく、上司や社内の空気はピリピリしたもので、この会社はこのままだと倒産の可能性があるかもしれないとまで考えるようになりました。

経営方針が変わることで、営業所の移転などもあり、通勤時間も今まで以上にかかるようになったのも転職理由です。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

通関業者に勤めていたため、語学が元々堪能だったので、海外の日系企業に転職しました。スペイン語が出来たので、新しい転職先はスペイン語圏の日系自動車メーカーで、今は余裕を持って働いています。

通関業者時代は日本からの工場設備の海外移転をメインの業務として行っていたので、転職先は業種違いの日系自動車メーカーですが全く関係がない業務内容では無く、日本や中国との原料の輸入のやりとりや、工場設備や機械の知識が通関業者時代に学んだことだったので問題無く勤められています。たとえ業種違いでも前職と若干の接点がある仕事なら、興味を持って務めることが出来ると思います。

海外に転職することは不安もありましたが、日系企業なので分からないことがあれば日本人同士助け合うことも出来ますので現地の生活の面でも前職に比べて不満はありません。

20代の転職理由 6位「福利厚生などの面」

①年収370万 × 26歳 × 女性 の転職理由

Q.会社の福利厚生に関して困った時のことを具体的に教えてださい。

転職する前にいた会社は福利厚生が整っておらず、また管理が全くされていませんでした。そのため、事務はどんどん減っていってしまい、新卒で就職したにも関わらず2年目なのにリーダーを任せてもらうまでになりました。社会人としての責任が持てて良かった!というポジティブな考え方も出来ますが、会社に対して無責任とも取れると思いました。

結果、リーダーになった先輩方が続々と退職してしまう理由がわかりました。繁忙期は仕方ないことなのかもしれませんが、残業が多く終電に乗れたり乗れなかったりという時間まで仕事しておりました。残業代が付けばまだ良かったのですが、みなし残業で微々たる残業代がついてあるだけで体調を崩すことになり、もっと福利厚生の整ったしっかりした企業へ転職したいと考えるようになりました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

転職をする際の企業を見極めることが出来るようになりました。新卒ではなかなか聞くことが出来なかったことまでしっかりと質問し、疑問がない状態で現在は仕事に就いております。さすがに、前職の時はしんどかったですが今となっては良い思い出、とまではなりませんが良い社会勉強になりました。

面接の時や会社説明会の時には、嫌がられるかもしれない。などと遠慮することなく、自分のためにもしっかりと質問をして良かったと思います。残業時間だけでなく、休日出勤などの福利厚生については特に大事だと思います。体調を崩しては元もこもなく、迷惑かけてしまうことに加え、会社にいずらくなるという悪循環になると、転職した今、感じることが出来ました。

②年収390万 × 27歳 × 男性 の転職理由

Q.会社の福利厚生に関して困った時のことを具体的に教えてださい。

まず、福利厚生というものが全くと言っていいほどありませんでした。雇用保険にすら入っていないですし、社会保険や厚生年金も入っていませんでした。給料も手渡しというところで税金対策をしているのではないだろうかという思いがすごく強かったことを覚えています。

また、遅刻するだけで罰金3000円もしくは3時間の残業が課せられて、当日欠勤はいかなる理由があれど2万円の罰金というよくわからないルールがありました。有給も3年以上勤めていましたが1日ももらえず、休みを取る場合は給料からの天引きもしくは週に1度の休みを振り替えて利用するしかなく、インフルエンザで休んだ時は2万円×8日分の16万円の減給があり、このままここで働いていても何もないと思い、転職を決意しました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

今は全く違う業種で働いていますが、休日も週休2日に増え家庭と仕事のバランスはうまく取れるようになりました。また、念願の社会保険の加入もして頂き、結果的にもっと早く転職を決意しておけば良かったと思っています。ただ、就業時間に関しては平均して12時間くらいの勤務になっており、満足とまではいきませんが、定時に帰ることができる会社が少ない現用も考えると妥協点かなと思っています。

これから転職を考えている方には、今の会社の不満点が少なからずあると思いますが、一度行動を起こして変わらないようであれば転職に踏み切っていいのではないかと思います。きっと、今以上にゆとりを持って、即戦力で活躍できる職場は沢山ありますので。

20代の転職理由 7位「別の会社から誘われたため」

①年収380万 × 26歳 × 女性 の転職理由

Q.職場の人間関係に困った時のことを具体的に教えてださい。

同じホテル業界で働いていた人事の方が新しく東京にできるホテルで働くことになって、その人事の人から一緒に働きたいと、お誘いを受けて、別の職場に転職することになりました。

私はホテルの料理人をしていて、当時の職場でちょうど3年働いていて、転職して経験を積みたいと、転職を考えていたので、いいきっかけだと思い、迷いなくお誘いを受けました。転職をしたいという話を上司にしたら、上司から怒られましたが、私に迷いがなく、転職するという強い意志があったため上司は受け入れて応援してくれるようになりました

新しくできるホテルに誘ってくれた人事の方は私を引き抜きしたことで総料理長からお叱りを受けたという話を後から聞きました。

Q.転職した後の今の状況を教えてください。

新しいホテルの調理場はいろんなホテルや個人店から中途で転職に来ていたので、前の職場の経験があるためプライドの張り合いがひどくて、意見がまとまらなく、人が多くて仕事内容は大したことないのに仕事は進まず、職場内がぐちゃぐちゃしてました。

経験を積むために転職した結果、前の職場の方が常に時間に追われていて、やることも多くて人が少ないため自然とチームワークが高まっていてやりがいがあってよかったと思いました。

新しい職場の方が給料もよく、残業もたくさんもらえるのですが、料理人は専門職なので、専門的に知識を詰め込むためなら前の職場の方が勉強になると思い、転職して逆に前の職場の良さがわかってよかったと思います。


いかがでしょうか。
20代というまだまだ働き盛りの時期であり、自分自身の能力のベースが築かれる大切な時期です。その20代をどのような職場で過ごすかは非常に大事なので、ぜひ自分自身をもう一度見直すタイミングにしてみてはいかがでしょうか。
20代におすすめな転職エージェント厳選3選
20代で転職をするのは早いか遅いか。 ひと昔の人では「20代の苦労は買ってでもしろ」とはよく言ったものです。 もちろ...

※転職エージェントを比較したい人向け記事

転職エージェントを3つの項目で徹底比較 厳選7選
転職者のほとんどが使っている転職エージェントですが、実はよく分からないという人が多いと思います。 そこで今日は転職エージェ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする