転職者必見!絶対“おすすめ”な転職エージェントとその選び方

Pocket

転職をするときに必ず登録するものの1つが転職エージェントです。

ただ、転職エージェントと一言にいっても非常にたくさんの会社があると思います。

手っ取り早く転職エージェントの選び方みたい人はこちら
<<あなたにおすすめの転職エージェントの選び方>>
スポンサーリンク

転職エージェントの事業所数は「18,000箇所以上」


※平成27年度職業紹介事業報告書の集計結果

上記が厚生労働省調べの平成27年度における転職エージェントの事業所数です。

大手の転職エージェントなどが全国に複数事業所を構えるケースもあるため、一概にいえないですが、フリー〜大手を合わせると軽く1,000社以上は転職エージェントの会社はあると思います。

人によっておすすめの転職エージェントが違う3つの理由

ではこれほど多い転職エージェントをどのように選ぶべきでしょうか。

実は転職エージェント自体とりあえず「基本的にこの数社はおすすめ」という形はあるものの「ここが絶対おすすめ!」という唯一無二のおすすめはないのです。

その理由をご説明します。

転職エージェントが持っている求人に偏りがあるため

ITかが進んでいる社会ではありますが、やはり企業組織のベースとなる「人材」にかける思いは変わることがなく「大切な人材」であればあるほど、センシティブに大切に扱われるものです。

その「大切な人材」の採用をIT化の波で誰か見知らぬ人に任せることはできません。

そのため、大手〜フリーの転職エージェント含めて、良い求人ほど信頼できる人のみに託す傾向があり、そのため転職エージェント側の「人」が非常に重要となり、もっというと「営業数」ですね。

転職エージェント側も人が無尽蔵にいる訳ではないので、この「営業」をどの業界へ重めに配置するかなどの戦略があり、結果として転職エージェントが持っている「業界/職種」に偏りが出ます。

転職エージェントを通して転職した人の成功事例に差があるため

1つ目の理由と少し似ていますが、どのような転職希望者を今まで「実際に転職させたか」といういわゆる”成功事例”を蓄積しております。

この成功事例は非常に重要で、言って見れば

「自分自身と同じ悩みを持って納得のいく転職をした」

というある意味未来の自分の出来事のような事例があるかもしれません。

実際にその事例を全部見れる訳ではないですが、転職エージェント側も社内での事例共有などをしてナレッジを共有しているため、あなたの悩みや希望などを話して、その内容と似ている事例などをもとに転職のアドバイスや転職先を紹介してくれます。

このような事例は前職などの「仕事内容」別で見ることも重要ですが、もう1つ「年代」が重要な指標になります。

「20代の転職の悩み」と「30代の転職の悩み」は全然違っていて、転職の動機も違います。そのため“どの年代の成功事例が多いか”もう少しわかりやすいところでは“どの年代に強みがあるか”を見極める必要があります。

転職エージェントの得意な地域に違うがあるため

前述の通り、良い求人は良い営業(良い転職エージェント)にしかおりてこないため、営業と求人元の企業が会うなどのコミュニケーションをとる必要があります。

そのため求人元企業の近くに営業所を構えているか否かが重要です。

イメージ例)
東京・千葉・神奈川などにのみ営業所がある転職エージェント
→逆に関西圏の優良企業に対しては営業手薄

上記のようなケースは往々にしてあり得るため、その転職エージェントの地方を含めた拠点から、どの地域が得意かを見た方が良いです。


いかがでしょうか。

上記のように各転職エージェントともに違いがあることがわかったと思います。

それでは具体的にこの違いをもとにどのように転職エージェントを選ぶべきかご紹介します。

自分におすすめの転職エージェントの選び方

先に説明をした転職エージェントごとの違いが選び方に直結しますが、その違い以外でも選ぶべきポイントがあるためご説明します。

求人数が多い転職エージェントを選ぶ

まず重要なのは転職エージェントが持っている「求人数」です。理由は簡単で合う/合わないの以前に求人がなければ何も始まらないためです。

なぜ合う求人か否かという点ではなく「求人数」で選ぶかというと、背景として転職エージェントの求人はWEBで閲覧できない「非公開求人」と呼ばれるものも多く、実際に行きたい求人があるか否かを判断しづらいです。
※もちろん一般公開されている「一般求人」もあるので、そちらを元に確認するのも1つの方法です。

そのためまずは「求人数」が多い転職エージェントを選ぶべきです。

自分の年代が得意な転職エージェントを選ぶ

違いの際に話をした通り、年代別に転職に対する悩みが違うため、より良い転職をするために過去事例として「自分の年代」の転職が得意な転職エージェントを選ぶべきです。

この自分の年代が得意か否かの見極め方は、その転職エージェントの「登録者の年代」を見ると良いです。

登録者が多いからと言ってその年代が得意とは限らない、と思われるかもしれませんが、半分あっています。

転職エージェント側も「うちは20代の登録が多いので、20代の求人ください!」と言った具合で営業活動をするので、その年代向けの求人をたくさん持っています。そうなると20代の人が採用されやすい求人が多くなるため、結果的に20代の転職成功数が多くなります

そのため、自信の年代が得意な転職エージェントを選ぶべきです。

★年代別_おすすめ転職エージェント

住んでいる/働きたいエリアが得意な転職エージェントを選ぶ

こちらも転職エージェントの違いの際にもお話をした通り、登録しようとする転職エージェントが自分の住んでいる/働きたいエリアにあるか否かで選ぶと良いと思います。

理由は重複するので簡単にお話ししますが、営業所があるということはその周辺エリアへの営業活動(求人探し)に力を入れていることを意味するため、比較的その周辺エリアの求人を多く持っています。

そのため住んでいるエリアや働きたいエリアに営業所があるところを選ぶべきです。

★都道府県別_おすすめ転職エージェント

非公開求人が多い転職エージェントを選ぶ

最後に重要なのは「非公開求人」が多い転職エージェントを選ぶと良いと思います。

非公開求人に関しては下記記事で詳しく説明しておりますので、興味ある方は是非読んでみてください。

非公開求人数の多いおすすめの転職エージェント厳選7選
実は転職エージェントを使う際に、一番重要になるのが「求人数」であり、さらにいうと「非公開求人」の数です。 その理由をご説明...

時間のない方にご説明すると「非公開求人」というのは、何らかの理由で公開することのできない求人のことで、基本的に何らかの理由というのは

・新商品開発メンバーを募集したいが、競合に知られたくない。
・新規事業の責任者を捜しているが、社内外知られたくない。
・自社の平均年収以上の条件で募集したいので、社内に知られたくない。

などなど基本的には他社に“知られたくない求人”を非公開求人にして転職エージェントにお願いしている形です。

そのため「非公開求人=優良求人」であることが多いので、この非公開求人数が多い転職エージェントはより質の高い求人を紹介してもらえる可能性が高いので、非公開求人数も重要な選ぶ基準です。


いかがでしょうか。

上記4つが転職エージェントを選ぶ際の重要なポイントとなりますので、是非参考にして良い転職エージェントに出会ってください。

番外編 登録した転職エージェントが合わない

番外編で登録した後の話ですが、いざ自分に合う転職エージェントを選んで登録した後に、担当としてついたキャリアコンサルタントと合わないと言ったケースがあります。

以下記事が詳しく書かれているので是非読んでみてください。

転職エージェントが「合わない」と感じた人向けの2つの対処法と注意すべき6つのパターン
転職エージェントを使っていて担当の人と「相性」が合わないと思って悩むことがあると思います。 それが大手の転職エージェントだ...

上記記事にも記載されておりますが、解決策は2つで、

  • 1.登録した転職エージェントに問い合わせて担当を変更する
  • 2.登録している別の転職エージェントに内容を引き継いでもらう。

と言った形で進めることもできるのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする