転職エージェントがなぜ「無料」で使えるのかその理由

Pocket

このサイトでも幾度となくご説明をしている転職活動時に活用をお勧めしている「転職エージェント」ですが、転職をする人側は“完全無料”で活用ができます。

無料ほど高いものはないという格言がある通り、

「転職が成功したときにお金がかかるんじゃないか」

「無料だと求人を紹介してくれる量に限りがあるのではないか」

などなど転職エージェントが「無料」ではなく「有料」だと思っている人がいると思います。

これをビジネスとしている人がいるので必ずどこかでお金が発生していることは事実ですが、今日は転職エージェントのビジネス内容について簡単にご説明します。

スポンサーリンク

転職エージェントにお金を払うのは「雇用する企業側」

最初に種明かしをしてしまうと転職エージェントのビジネスで費用が発生しているのは、転職エージェントから紹介された求職者を採用した企業です。

そもそも転職エージェントの流れは以下のようになっています。

転職エージェントのサービスの流れ(企業側)

■採用活動の流れ
・採用したい人材のスペックを記載した求人票を作成

 ※採用ポジション、職務内容、求める能力、年収などの条件…etc
・作成した求人票を活用する転職エージェント企業に連携。
・転職エージェント企業が登録してきた人達のスペックをもとに最適な人を紹介。
・紹介者のスペックを見て書類合格者をと「面接」を実施。
・面接を通過した人を採用。

ざっくり上記のような流れで企業側は転職エージェントを活用して自社の採用活動を行っております。

実は企業側も当初「無料」で使用することができてお金が発生するのは転職エージェントを通して紹介された求職者が「採用」されたときに費用が発生します。いわゆる「成功型報酬」です。

転職エージェントの紹介者採用時の報酬額は

転職エージェントビジネスにおける費用は「採用企業」が負かっていることが分かったと思います。

では一体どの程度の金額が採用時に払われているのでしょうか。

平均的には

「採用された企業が提示した年収の30%前後」

と言われていますが、これは職種や求職者のスペックによって変わってくるため、これよりも高い場合もかなりあるようです。

この流れからわかるかもしれませんが「転職エージェント」にとって登録してきた求職者が「いくらの年収で転職するか」がビジネス上利益になるため非常に重要です。

そのため転職エージェントは出来る限り年収を高めにしてもらえるよう交渉をしてくれるので、その点私たち転職をする側に親身になってくれるため非常に心強いです。

転職エージェントは採用後3か月以内の離職はペナルティ

ここまでで転職者が転職エージェントを無料で活用できる理由が分かったと思いますが、最後に疑問に思った人がいるかもしれません。

「転職エージェントは採用させるとお金もらえるなら無理やり転職させてきそう」

たしかにビジネス上、採用時の成功報酬となると転職してもらわないと困るので、ある程度転職を進めてくる可能性はあります。

ただこれにもストッパーがあり、転職後に早期退職(3か月程度)された場合、紹介した転職エージェントにペナルティ発生する仕組みとなっております。
ペナルティ内容は契約別に違いますが、

  • 「代わりの人材を無料であっせんする」
  • 「支払った成功報酬の一部もしくは全額返金」

などもらった報酬以上の働きをする必要があるため、転職エージェント側に無理やり転職をさせたところでメリットはほとんどありません。

まとめ

  1. 転職エージェントのビジネス上で費用負担しているのは「採用企業」
  2. 転職者側は完全無料で転職エージェントのサービスを受けれる。
  3. 費用発生は紹介者が採用された際で、採用時の年収の30%前後
  4. 万が一、紹介者が早期に退職した場合転職エージェントにペナルティ

オススメ記事

20代の転職 ⇒ 20代転職でオススメの転職エージェント厳選3選

30代の転職 ⇒ 30代転職にオススメな転職エージェント厳選3選

30代女性の転職事情とおすすめの転職エージェントについて
30代の転職は誰でも悩むと思います。 一昔前では30代の転職は難しいため「良い転職先が見つからない」「給料が下がる」等々か...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする