複数の転職エージェントを活用する理由とその選び方について


転職活動をする際に様々な人が使うのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは「転職先の求人紹介」「年収交渉」「面接までの調整」など選考に伴ったあらゆることをフォロー及び代理で行ってくれる、転職をする人からすると非常に心強いものです。

さらには「キャリア相談」なども乗ってくれるため、場合によっては現職のままやってみてはどうかといった親身になった相談にも乗ってくれます。

ただ転職エージェントは中小から大手まで非常にたくさんの会社があるため、どれを使ったほうがいいのかわからないといった意見があると思います。

実は転職エージェントというのは「複数社」併用して使うことが当たり前で、複数の転職エージェントを併用することでより効率的に転職活動をすることができます。

今日は複数社活用する理由とその転職エージェントの活用方法に関して説明します。

スポンサーリンク

複数の転職エージェントを活用する理由

・転職エージェントが持っている求人に違いがあるため

そもそもの話ですが、転職エージェントには各社強みのとなる分野/業界と弱みとなる分野/業界があります。これは特段転職エージェントに限った話ではないですがビジネスではよくあることだと思います。

その転職エージェントの強み/弱みが最も強く表れるのはそのエージェントが持つ「求人そのもの」に現れます。
単純にIT業界の求人は強いけど、アパレル系の求人は弱いや、建築系の〇〇社の求人はあるエージェントのみが扱っているなど独占的に取引しているケースも中にはあるでしょう。

そのような違いが現れるため、口コミなどから求職者もある程度の偏りが発生してしまいます。その結果は「内定数」「決定率」などに影響が出てくるため、求人を出す側の「求人元企業」も転職エージェントを使い分けます。

そうなると特に転職エージェントを使う理由の上位にある「非公開求人」のような重要な求人などを出す場合、「求人を出す側」の企業としても得意な転職エージェントに任せて良い転職者をあっせんしてくれるようお願いするでしょう。

そうやって各転職エージェントは各社強み/弱みが表れて「特徴」が出てきています。

転職エージェントは1度に求人を数案件しか紹介してくれない

実は転職エージェントから1度に紹介されるのは「数案件」くらいです。

毎回面談などをするわけではなく、多くはメールなどのやり取りで求人を出してくれるため1度の紹介で出してくれる求人数が少なくなります。

そうなると、一度にたくさんの求人を「比較」することが難しくなるので、なかなか良い求人に巡り合えなくなりますし、比較対象がないことにより良い求人を逃してしまうケースも考えられます。

そのため一度に複数の求人を比較するために複数の転職エージェントを活用することが多くなります。

・転職エージェントの担当者の相性があるため

転職エージェントというのは機械を通して応対するわけではなく、ほとんどの場合「直接対面」にて面談形式でサービスを受けるため「担当者」というものが存在して、その人が専属で様々なことをしてくれます。

ここで重要なのは「人」を介してサービスを受けるため、その「人」次第でハイクオリティサービスにもなるし、全く価値を感じないサービスになる可能性があります。

そのため、この「担当者」の相性というのは非常に重要になります。

相性というのがどのような場面で大事になってくるかというと、転職エージェントのサービスを受ける際はある程度のレジュメ(職務経歴書)など書類を通してあなたのことを知って転職先の紹介などをしてくれます。
ただ、そのレジュメの内容の深堀などは、担当者からのヒアリングなどで深ぼっていくため、このヒアリングなどの会話のキャッチボールが微妙な場合、言いたいこと/伝えたいことをうまく伝えられなかったりと結構苦労することがあります。

そうすると後々その転職エージェントを通しての転職活動にも支障が出るため、担当者との相性は非常に重要です。

・転職エージェント登録後のツールの利便性に違いがあるため

最後に大事なポイントとして登録後に使用できる非公開求人を含めた保有している求人情報の閲覧方法です。

いざ転職エージェントに登録後、そのエージェントが保有している求人に応募をしていくのですが、エージェントから直接メールで紹介してくれる方法以外に、求人閲覧専用の「管理画面」を活用する方法があります。

この管理画面はすべての登録者に開示されるわけではないのですが、大部分の人に開示されるサービスとなっており、この使い勝手が良いエージェントと悪いエージェント、もしくはそもそも管理画面がないエージェントなどがあります。

この管理画面を使うことで転職が有利不利になることはないですが、単純に自分と転職先とのミスマッチをなくすことができるので、効率的な転職活動をする上では重要なポイントになります。

複数活用すべき転職エージェントの選び方

ここまでで転職エージェントを複数使うメリットなどが理解できたかと思います。

いざ転職エージェントに複数登録するのはいいとして、どうやって選ぶべきでしょうか。

正直個人的に最も大事なのはキャリアコンサルタントとあなたの「相性」が最も大事で、こればっかりは面談などをして、会って話さない限りわかりません。
※だから複数登録するのですが(笑)

その前提を踏まえて話をすると

「自分の希望する求人に強みがある転職エージェント」

または

「自分の年代に強みがある転職エージェント」

この2つの特性だと思います。

転職エージェントにはそれぞれ得意領域がある

転職エージェントも人員などのリソースに限りがあるため、ある程度「どういう求職者」をターゲットにしていくかなどを決めているケースが非常に多いです。

もちろんそのターゲットとなる求人以外は扱わないというわけではないですが、新卒と違って中途の場合は「前職」が存在します。
その前職にいる期間などは様々ですが、ほとんどの人がその前職の経験を生かして転職活動を行うため、

“どういう経歴/職歴の転職者を登録させて、斡旋するか”

を決めていくほうが求人」も集めやすいですし、求人が集まればそれに合う「転職希望者」を集めることもできます。

そのため複数の転職エージェントに登録する場合、そういった「得意分野」を把握して選んでいくことが望ましいです。

※得意分野(例)
業界別に特化(建築業界・メーカー系・広告系など等)
年代別に特化(20代、30代、第二新卒など等)
職種別に特化(エンジニア・管理系・営業など等)
レイヤー別に特化(管理職・事業責任者・CXOなど等

複数登録時に活用すべき転職エージェント

ここからはそんな数ある転職エージェントの中で得意分野を意識したうえで登録すべき転職エージェントを厳選してみましたので、より自分に合う転職エージェントを選んでみてください。

・外資系企業への転職に強み「JACリクルートメント」

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:19拠点(海外10か国)
②社員数  :665人
③資本金  :6億1,950万円
■こんな人におすすめ
・外資系企業に転職を希望している。
・今の年収が500万を超えている。
・30代以上で転職を考えている。

矢野研調べでも業界3番手にいながら、他社と違って高年収者向けの求人特に「外資系企業」の求人を多数保有しているエージェントです。

他に特徴としてはエージェントは企業側への「求人をもらいに行く営業」と求職者側の「求人を紹介する担当」の一人二役をしている変わった転職エージェントです。
その際のメリットとしては企業側が求人を出すに至った背景などを含めて、深い情報を持っているためよりその求人への理解を深めることができるので、応募をする際にミスマッチなく進めることができると思います。

↓↓↓


・大手企業の求人が豊富「リクルートエージェント」

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:26拠点(海外11か国) ※日本含む
②社員数  :3,508人
③資本金  :6億4335万円
■こんな人にオススメ
・大手企業に転職を希望している。
・非公開求人などを特に探している。
・まだリクルートエージェントに登録をしていない。

リクルートエージェントの特徴はなんといっても業界最大手という規模を生かした「圧倒的な求人数」です。求人数が多い背景として、主要転職エージェントの中でも取引をしている企業数が「約13,000社」とNo1であることです。

取引している企業数が多いということは「取り扱っている求人数」および「求人のレパートリー」が最も多いということを表します。

そのため、他の転職エージェントでは紹介されなかった求人などが出てくることも多く、その背景にはリクルートエージェントにしか開示していない限定の求人などもあるため、そのような違いが表れるようです。

もう1つ特徴として、組織規模がダントツで大きいこともありますが、キャリアコンサルタントの「対応する職種/年代」の幅が非常に広いという点です。
そのため、20代~40代以上などどの年代の人にも対応できますし、営業~エンジニアまで職種の守備範囲も非常にひろいです。

そこからもわかる通り、転職を始める人のほとんどが活用している転職エージェントなので非常におすすめです。

↓↓↓

※リクルートエージェントをもっと知りたい人 参考記事

総合力No1リクルートエージェントを活用すべき5つの理由と利用者の評判と口コミ
転職を考える人の中でリクルートエージェントを知らない人はいないと思います。 それもそのはずで国内の中途などの人材紹...

・求人数が国内最大級「DODA」

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:8拠点数 (海外13か国) ※派遣含め
②社員数  :5,166名 ※有期社員含め
③資本金  :11億2,700万円
■こんな人にオススメ
・仕事が忙しくてエージェントとのメール頻度が多くできない人
・転職サイトも登録しようと考えている人
・忙しいからメールやり取りではなく管理画面などで自発的に情報収集したい人

DODAは他転職エージェントとは違って「転職サイト」としてのサービスも一緒になっています。

30代にもなると現在の会社でもそれなりにキャリアを積んでいるため「仕事が忙しい」人がい多いと思います。そういう人にとってメールでの情報収取だけではレスポンスが悪くなる分時間もかかるのではと不安に思うと思います。

そんな時に活用するのが「転職サイト」というエージェントサービスではなく、自分で自発的に求人検索・求人応募などを活用する人がいると思いますが、DODAは他転職エージェントとは違ってその「転職サイト」としてのサービスも一緒になっています。

転職サイトとは転職エージェントのように専属のキャリアアドバイザーのような担当がつかない代わりに、自ら気になる企業の求人を検索閲覧することができ、直接応募までできるサービスです。自ら動く必要があるので少々手間と感じるかもしれませんが、本気で転職したい人からすると求人をたくさん見ることができるため、転職サイトを併用して使っている場合が多いです。

DODAではそういった転職サイトにも同時に使えるため、非公開求人と合わせると一度に見れる求人数は国内最大級の規模になると思います。

↓↓↓

※DODAをもっと知りたい (参考記事)

転職エージェントサービス「DODA」を絶対使うべき4つ理由と利用者の評判と口コミ3選
転職をするときにほとんどの人が使うのが転職エージェントです。 ただその転職エージェントというのは最大手のリクルートから~中小企業の...

・若手支持率No1のマイナビ運営「マイナビエージェント」

新卒時代に使っていた「マイナビ」で馴染み深いかもしれませんが、中途転職の転職エージェントもやっており、特に拠点が首都圏に多いので東京・神奈川・埼玉・千葉の求人が多く、このエリアで就職を考えている人には特におすすめです。

マイナビエージェントは「東京2か所」「大阪」「名古屋」「福岡」の5か所に拠点があり、全国展開になっております。

第二新卒の人におすすめな理由 「20代の若手登録者が非常に多い」

20代/第二新卒の転職にオススメな理由は、リクルートエージェントやインテリジェンスなどの大手に隠れていて知られていないですが、テレビCMなどでよく見る「マイナビ転職」と同じように20代など若手の利用率が非常に高く、その登録者向けにいい求人を揃えるために「20代/第二新卒向け」の求人を非常に多くもっているのでオススメです。

↓↓↓


・満足度ランキング上位 「パソナキャリア」

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:13拠点数 (海外13か国) ※グループ連結
②社員数  :8,550名 ※グループ連結
③資本金  :50億円 ※グループ連結
■こんな人にオススメ
・主要転職エージェントには登録済み
・30代の転職失敗したくない。

・疑問がたくさんあっていろいろ相談したい。

パソナキャリアは「パソナ」というサービス名でおなじみの国内No2の人材派遣事業も展開している企業のため、そちらでの認知度があるかもしれませんが、中途採用の転職エージェントとしても評判がいいです。

下記はリクナビNEXTに登録されている様々な転職エージェントの満足度ランキングですが、パソナキャリアは総合満足度2位です。

※リクナビNEXT 抜粋

上記のように評判のいい理由となっているのが、キャリアアドバイザーが転職者の相談に対して「親身になって乗ってくれる」という面談の質の高さは評価された結果のようで、具体的には転職を無理やり進めるなどをせず、時には現職にとどまることをおすすめするなど、極力転職者の立場に立って相談に乗ってくれるというもので、自分たちの利益重視ではなく、求職者重視のスタイルからきているようです。

もちろん求人数はリクルートエージェント等とは劣りますが「求人数20,000件以上」という数からも十分です。

↓↓↓


・第2新卒/既卒特化型「転職エージェントneo」

■定量的なざっくり特徴
①求人数 :3,871件以上
②社員数 :2,043名 ※グループ連結
③資本金 :3億6,238万4,890円 ※グループ連結
■こんな人にオススメ
・既卒もしくは第二新卒で転職を希望している。
・東京近辺で転職活動をしている。
・未体験の職種に転職を希望している。

ここまで大手転職エージェントを紹介してきましたが、こちらは「既卒/第二新卒」など若手に特化した転職エージェントになります。

第二新卒であればまだいいですが、既卒での就職活動はかなりハードルが高く、他の転職エージェントに登録しても求人を紹介してもらえないケースも考えられます。

ただネオキャリアが運営する転職エージェントneoは、そういった若手の新卒採用時のミスマッチなどによる早期転職などを積極的にフォローしており、とにかく若手で転職をする際の強い味方なので、20代の方はとりあえず登録をしておくことをオススメします。

↓↓↓


・世界第2位の外資系転職エージェント「ランスタッド」

■こんな人にオススメ
・外資系企業への就職を考えている人
・20代で転職を考えている人
・海外への就職を考えている人

世界第2位のグローバルで活躍する外資系転職エージェント


※ランスタッド公式サイト 抜粋

■定量的なざっくり特徴
①海外拠点数:世界39か国
②社員数  :36,524人
③資本金  :2,817.8
億円
■こんな人にオススメ
・外資の転職エージェントで転職を考えている人
・雇用体系を派遣を含めた様々なパターンを考えている人

ランスタッドは日本ではそこまで有名ではないですが、オランダで創業したグローバルで展開している人材サービス会社で、全世界の売上では「アデコ」に次ぐ第2位という規模で展開をしている超大手企業です。

展開している国数は39か国となっており、全世界で29,000人を超える従業員数となっており、様々な国の求人を持っており、そのため転職者からすると「グローバル求人」の紹介を受けることができます。

またランスタッドの特徴はグローバルで展開をしている求人の幅以外に「第二新卒~エグゼクティブ」までの幅広い転職者に対応できるため、すべての世代の人に対して満足いくサービスを展開することができます。

↓↓↓


いかがだったでしょうか。

転職エージェントを複数使うことで転職活動をより効率的にできることが分かったと思いますし、その中でどのような転職エージェントを活用すべきかなども参考になったのではと思います。

ぜひこちらを参考にいい転職活動をしてください。