転職で給料・年収アップをするために絶対大事な5つの手法について


転職理由の上位でよく見る理由の一つに「現在の仕事の年収・給料が低い」があると思います。

当たり前ですが、給料・年収は高いに越したことはありませんので、今の年収に満足していると断言できる人はそんなに多くないと思います。

そこで今回は転職をする際に年収を上げられるかも?という方法を紹介します。

スポンサーリンク

転職をして年収を上げる方法:
現職の実績(スキル)にフィットする会社に転職

現職で培った実績やスキルを利用して転職と書くとさも当たり前のような話に聞こえますが、少しとらえ方を変えてください。

たとえばECサイトを立ち上げを控えている企業がいたとします。

当たり前ですが、その企業はECサイト運営ノウハウのある人を欲しています、さらにいいのはECサイトの立ち上げ経験のある人であればさらに歓迎するでしょう。

会社が求人を出すときは、当たり前ですがその求人票の内容に限りなく近い人材を探しているので、求人票の内容を吟味をして、自分自身のスキルセットと見比べてみて、どの程度フィットしているかをしっかり見てみましょう。

さらに見れるとしたら、その会社の決算資料などを見て今後どの分野に力を入れていくか「どのような人材が必要になるか」を読み解くことで、面接の通過率も上がるだけでなく給与交渉時をかなり有利に進めることができるため、転職をして年収アップをさせることも可能だと思います。

転職をして年収を上げる方法:
大手企業在籍ノウハウを生かして中小企業に転職

必ずしも大手企業が年収が高いわけではないです。

実は全く無名で5人くらいしかいない会社でも、実は平均年収1,000万の会社などはざらにあると思います。

ただ中小企業の場合は、その資本規模以上に実績を上げることは難しく、特に費用をかけて何かをやるといった場合、10億円の投資による効果とそのノウハウは中小企業には確実にありませんし、実現ハードルが非常に高いです。

そのため、大手でしか経験できないような実績やそのノウハウは中小企業経営者からすると非常に魅力的に映ります。

大手企業に在籍しているだけでは、この方法を活用することは難しいですが、大手企業で働いている人は、ご自身の実績とノウハウを今一度見つめることでそれを武器に年収アップの転職をすることができると思います。

転職をして年収を上げる方法:
語学を武器に同業の外資系企業に転職

この手法は一番よく聞く手法だと思います。

そもそも年収が高いということは、それだけ高くしないと集まらない、要はそんな簡単に採用することができない人なので年収を高くして求人を出します。

そのため希少なスキルでかつ有用なスキルを持っている人ほど年収は高くなるのです。

その希少でかつ有用なスキルの代表格が「言語スキル」です。

具体的にはやはり「英語」今ではアジア圏にビジネスを広げる会社が多く「中国語」も非常に重宝されます。

言語スキルを活用するのであれば、早い話海外を相手に仕事をする会社なので「外資系企業」に転職することが最も多いパターンじゃないでしょうか。

その際一つ注意することとしては、いくら「言語スキル」が高くてもビジネスができない人は結局ダメなので、当たり前ですが言語スキル以外に持っているスキルを使っての転職になるので、早い話が「同業種の外資系企業」に転職することが年収アップの転職を成功させるカギになると思います。

転職をして年収を上げる方法:
平均年収がそもそも高い企業に転職する

これはちょっと邪道に聞こえるかもしれませんが、そもそも年収の高い企業に転職するのも年収アップの転職をするためには有効な手法です。

そもそも年収が高い企業とはどういう会社か業種/業界的に~などの個別理由を抜くと早い話が「業績のいい企業」は年収が同業他社と比較しても高くなる傾向にあります。

企業というのは「利益」を出すために存在する営利目的の団体になるため、その利益が少なくなれば当たり前ですが、利益を出そうと頑張ってビジネス展開をするでしょう。

それと同時にするのがコストカットで、そのコストカットでよく出るのが「人件費」です。

そのような状態の会社だと年収アップをして人件費を上げることを渋るのは当然で、そうなると業績がいい企業のほうが年収アップがしやすく、外から来る優秀な人材に対してもそれに見合うだけの対価を払えるようになります。

そのような形で平均年収の高い企業に転職することで年収アップの転職を成功させることができると思います。

転職をして年収を上げる方法:
資金調達した等の伸び盛りのベンチャーに転職

最後にかなりハードルと難易度が高いですが、ベンチャー企業への転職です。

基本的にベンチャー企業というのは資金がそこまで豊富ではないため人件費にかける比重はどうしても低くなるので、年収は低い傾向があります。

もちろんその代わりに「ストックオプション」を社員に与えたりなど年収部分に配慮はしてくれるでしょう。

ただベンチャー企業にも様々なフェーズがあり「資金調達」などを行って資金が潤沢にあるベンチャー企業もあります。

もちろん何のために資金調達をしたかによりますが、大体の場合は会社規模を大きくすることで成長にドライブをかけるために資金調達をすることが多く、早い話が人を増やすという目的がです。

そのようなフェーズの会社の場合、優秀な人への採用にかなりの費用を払ってくれるため、ベンチャー企業なのに、かなり高い年収での転職をすることができます。

資金調達系のニュースは頻繁に出てくると思いますので、そういったニュースを読み解いて企業を探して伸び盛りのベンチャー企業に転職できれば、年収アップの転職をすることも可能になると思います。

いかがだったでしょうか。

様々な方法で年収アップを目的とした転職手法があったと思います。
ぜひこれを参考にいい転職をしてください!

オススメ記事

第二新卒世代の「23歳~26歳」が転職でオススメの転職エージェント厳選3選
今日は第二新卒(23歳~26歳)オススメの転職エージェントを厳選して3つご紹介します。
30代転職にオススメな転職エージェント厳選3選
今は超絶売り手市場であることから、30代になっても転職する人が非常に多いです。 そんな30代の人はどのような理由で転職して...
30代女性の転職事情とおすすめの転職エージェントについて
30代の転職は誰でも悩むと思います。 一昔前では30代の転職は難しいため「良い転職先が見つからない」「給料が下がる」等々か...