都市伝説「3年で3割が辞める」はやっぱりホント?入社3年目・25歳転職の実情


半ば都市伝説?のような「3年で3割の人が辞める」説ですが、これってホントなのでしょうか??

まず転職をする人の年齢別割合を調べてみました。

スポンサーリンク

男性は「20歳~24歳」女性は「25歳~29歳」が最も転職者が多い。

※厚生労働省 平成25年雇用動向調査結果の概況:結果の概要

上記は厚生労働省が平成25年に調査をしたもので、年齢別の転職率を示したものです。

意外にも転職するタイミングは男女によって微妙にずれており、男性は「20歳~24歳」女性は「25歳~29歳」となっています。両社とも「25歳前後」は社会人としての大きなターニングポイントであることがわかります。

ここから推測されるに男性のほうが若干大卒の割合が多い統計があるので、22歳で入社後「1年目~3年目」に辞めて転職する傾向があるようです。

これは直近多い「第二新卒」という世代に当たる層になっているため、ここからも第二新卒組の多さがわかるかもしれません。

なぜ入社3年目までに辞める人が多いのか

転職をするタイミングが男女で差があることは分かったかもしれませんが、実際そのタイミングでどんな理由で転職するのでしょうか。

※厚生労働省 平成25年雇用動向調査結果の概況:結果の概要

ちょっと見にくいですが、上記は同じく厚生労働省の調査で転職理由の年代別調査です。

男性に多いのは「収入が少ない」「労働時間などの労働条件が悪い」といった理由が多いです。

一概に言えないですが、これはいわゆる「低賃金&長期労働」となる“ブラック企業”などに近いと思います。

1つ忘れないでほしいのですが、このブラック企業のブラックと思う箇所は人によってかなり違うので、

「こんなに辞めている人が多いということは、世の中ブラック企業であふれているんだ・・」

などと早合点はしないようにしてください。

たとえばある人にとっては

「残業代はしっかり出るので働いた分だけ給与がしっかりもらえるが“ほぼ毎日終電”になるので、ブラックだ!」

という人もいれば

「ほとんど定時上りの多い職場で、毎日2時間くらい残業が続いて8時に帰る日々が続いていて、なんてブラック企業なんだ!」

 という風に考える人もいます。

上記の通り、どのような人生を歩みたいか、どのような生活をしたいかというそれぞれの価値観や感覚などによって、感じ方が千差万別なのです。

そこからわかる通り、この自分の価値観と合う会社にいれば、他人から見たらブラックな部分がある会社でも

「少し大変だけど、やりがいのある仕事ができていい会社だ!」

となります。

つまりは”会社”と”自分”の価値観のマッチングが非常に大事になるということです。

自分に合う企業ってどうやって探せばいいの?

ここまでで若手の25歳前後が転職をするうえで一番大事な時期であることと、
企業と自分とのマッチングがさらに大事であることが分かったと思います。

では実際に自分に合う企業ってどうやって探せばいいでしょうか。

個人的には2つの方法があります。

1つ目は転職のプロである”転職エージェント”に相談をしてしまうことです。

2つ目は合う企業を探すうえで大事な要素がわかっていれば、直接応募できる「転職サイト」を使うことです。

オススメ記事

第二新卒世代の「23歳~26歳」が転職でオススメの転職エージェント厳選3選
今日は第二新卒(23歳~26歳)オススメの転職エージェントを厳選して3つご紹介します。
30代転職にオススメな転職エージェント厳選3選
今は超絶売り手市場であることから、30代になっても転職する人が非常に多いです。 そんな30代の人はどのような理由で転職して...

転職時にオススメの厳選転職サービス

・リクルートエージェント(リクルートキャリア)
※転職エージェント

転職エージェントなら転職成功実績No.1のリクルートエージェント.png

多くの人が

「何を基準に選べばいいかわからない」

と思っていると思いますので、思い切って“転職のプロ”である「転職エージェント」の活用をお勧めします。

その中でもオススメなのは同じくリクルートキャリア運営の「リクルートエージェント」です。

業界最大手であるため「他にはない求人」を多数抱えており、数多くの転職を手掛けているので様々な人の事例を持っています。

なのでご自身が思っている不満や思いなどをぶつけることで、その答えもしくは解決のヒントなどを教えてくれると思います。リクルートエージェントがオススメな理由は、ほかの転職エージェントに行ったら出してもらえなかった求人に出会う可能性も非常に高いです。

実際に過去転職した周りの人に聞くと、リクルートエージェントにいったら出てきた求人なども多く、必ず登録をして活用して損のないサービスになる。

1点懸念点を上げるとすると、ほかの転職エージェントにも言えることだが、担当になったエージェントとご自身の相性によって評価がかなり左右されることがあり、相性があるいエージェントと当たってしまった場合は、ほかのエージェントを活用するか、前述した「転職サイト」を活用することをお勧めする。

・リクナビNEXT(リクルートキャリア) ※転職サイト

押しも押されぬ人材業界の最大手「リクルートキャリア」が運営しているリクナビNEXTはおすすめです。

オススメな理由はいくつかありますが

①「最大手のため、他企業が持っていない独自求人を多数保有している」
②「スカウト機能を使うことで、日本のほとんどの転職エージェントから声がかけられる」

月並みですが①の独自求人はやはり魅力的です。いろいろなサービスに登録して吟味するのももちろん大事ですが、それでも空いた時間に見れる数は限られるので、

ここを見ておけばたいていの求人はある!

というサービスであれば、空き時間の有効活用もできます。

②が意外に知られていないサービスなのですが、リクナビNEXTに「レジュメ」という職務経歴書的なものがあり、それに詳細情報を記載していると「他企業の転職エージェント」からスカウトメールという形でリクルーティングの連絡が来ます。

■オススメ記事
転職サイトで「リクナビNEXT」が転職者から使われる理由とその上手な活用方法

スカウトで転職ならリクナビNEXT リクルートキャリアの求人・転職サイト .png
※リクナビNEXTより抜粋

上記のようなランキングもあり、実はリクナビNEXT上で、各社しのぎを削っているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする